呼吸器外科

  1. 生体検査(肺機能検査)

    1.目的 2.必要物品スパイロメーター・マウスピース・ノーズクリップ 3.援助の実際1)患者に肺機能検査を行うことを伝え同意を得る。2)患者にスパイロメーターの使用方法について説明する。3)鼻にノーズクリップをつけてもらう。

  2. 気管挿管

    1.目的 2.必要物品気管内チューブ・スタイレット・咽頭鏡・カフ用注射器・バイトブロック・固定テープ・潤滑剤・吸引器・ディスポーザブル手袋 3.援助の実際(経口気管挿管)1)必要物品を準備する。● 気管内チューブのカフをカフ用注射器で膨らませ空気漏れ・破損の有無を確認する。

  3. 検体検査(喀痰検査)

    1.目的● 喀痰を採取し呼吸器系の疾患の診断に用いる。 2.必要物品喀痰を入れる容器・コップ(含嗽用)・吸引器(必要時)・吸入器(必要時)・吸引カテーテル(必要時)・生理食塩水(必要時)・ディスポーザブル手袋・マスク 3.援助の実際1)患者に痰を採取することを伝え同意を得る。

  4. 胸腔穿刺

    1.目的● 診断をするために胸腔内の貯留液を採取する。● 胸腔内に貯留した血液・滲出液・空気の排出を行う。● 胸腔内に薬液を注入する。

  5. 胸腔ドレナージ

    1. 目的● 胸腔内に貯まった膿・滲出液・空気・血液などを排出させる。● 肺を再膨張することにより、呼吸を維持する。

看護師のお仕事./求人の紹介一覧

診療科目の特徴

最近の記事


私が看護師になった理由

カテゴリー

看護師のお仕事./求人の紹介一覧

ページ上部へ戻る