看護師による就職・転職と看護技術ガイド
TOP >  看護技術ガイド > 全体共通 > シリンジポンプ

ブログ

シリンジポンプ

心を込めて丁寧に、看護師である、または看護師を目指す、あなたのお話、愚痴・お悩みなどを肯定的にお聴きいたします。

1.目的

● 機器を使用し正確な速度・時間で薬剤の投与を行う 

 

2.必要物品

シリンジポンプ・シリンジポンプ用のシリンジ・薬剤・アルコール綿・点滴支柱台・ディスポーザブル手袋

 

3.援助の実際

1)薬剤を専用のシリンジに入れる。

シリンジに患者名・薬剤名を記入したラベルを貼る。

2)シリンジに延長チューブ・三方活栓を接続し薬剤を輸液ルートに満たしておく。

3)患者にシリンジポンプを使用して薬剤を投与することを伝え同意を得る。

4) シリンジポンプを点滴支柱台に取り付ける。

● シリンジポンプと点滴穿刺部の高さを合わせる。

*シリンジポンプが低い場合逆流、高い場合サイフォニング現象が起きる可能性があるため。

*サイフォニング現象:高低差で薬剤が多量に流れてしまう現象

5)シリンジポンプの点検を行う。

● 電源を入れブザー音・インジケーターの確認をする。

6)クランプを引っ張りながら上げて左に回す。

7)クラッチを押してスライダーをシリンジがセットできるところまで動かす。

8)シリンジを取り付ける。

● シリンジの目盛りが上になるように取り付ける。

● シリンジの外筒のつばがスリットに入っているか確認する。

9)シリンジポンプにシリンジを固定させる。

● スライダーを動かしシリンジの押子を固定する。

● 外筒のつばと押子が固定されているか確認する。

● クランプを引っ張りながら右に回してシリンジを固定させる。

10)薬剤の流量を指示に従い設定する。

11)早送りスイッチを押し薬剤を延長チューブの先端まで入れる。

● スライダーに押子、外筒のつばとスリットが密着しているか確認する。

12)積算量を0にする。

13)輸液セットに取り付ける。

● 三方活栓をアルコール綿で消毒し延長チューブを取り付ける。

14)シリンジポンプを作動させる。

15)薬剤の投与が終了したら消音・停止ボタンを押す。

16)電源を切りシリンジを取り外す。

● 三方活栓を閉じてからクランプを引っ張りながら上げフックを外す。

17)後片付けを行う。

 

4.観察項目

1)患者の顔色・表情

2)薬剤の副作用の有無

3)シリンジポンプが正常に作動しているか

4)指示どおりの流量になっているか

5)シリンジポンプと点滴穿刺部の高さが合っているか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話し相手サービスの傾聴メンバー(リスニングメンバー)の求人情報はこちら。在宅でできます。

看護師の悩み相談./秘密厳守の話し相手

診療科目の特徴

ダイジェストメールに無料登録

詳しくはコチラ

看護師の求職方法

アーカイブ

当WEBサイトでのPR掲載希望について

看護師の悩み相談./秘密厳守の話し相手

ページ上部へ戻る