看護師による就職・転職と看護技術ガイド
TOP >  看護技術ガイド > 全体共通 > 排泄援助(トイレ誘導)

ブログ

排泄援助(トイレ誘導)

心を込めて丁寧に、看護師である、または看護師を目指す、あなたのお話、愚痴・お悩みなどを肯定的にお聴きいたします。

1.目的

● トイレにて安全に排泄ができるように援助する。

 

2.必要物品

車椅子・歩行器・杖・陰部洗浄用品(必要時)・おむつや尿とりパッド(必要時)

 

3.援助の実際

1)患者から排泄援助の訴えがあれば速やかに行う。

● 患者からの申し出がある前に時間などを見てこちらから声かけをするようにする。

2)患者に合った移動方法でトイレまで移動する。

● 車椅子・歩行器・杖など患者に合った方法で移動する。

● 移動する際には、トイレまでの道中に障害となるものがないか確認する。

3)トイレに着いたら便器まで誘導する。

● 自力で便器まで移動できない場合は患者の身体を支えて移動させる。

● 自己にて下着を下ろせない場合は介助を行う。

● 車椅子の場合は便器まで移動させるスペースを確保できるトイレに入る。

● 立位を保てる患者には手すりを持ってもらい移動させる。

● 便器に安定した姿勢で座らせるように援助する。

4)患者の姿勢を整える。

● 両足底が床についているか確認する。

● 足底が床につかない場合は足台などで調整する(腹圧をかけやすくするため)。

● 麻痺などで身体が麻痺側に傾く場合は必要に応じて支える。

5)排泄を行う。

● 排泄が終わればナースコールで呼んでもらうよう説明する。

● 患者の状態によりトイレの個室の扉の前で待機しておく。

● 自己にて陰部・肛門部を拭くことができない場合は拭く介助を行う。

● おむつや尿とりパッドをしている場合は新しいのと交換し整える。

6)患者の衣服を整える。

7)手洗い場に移動し手洗いを行う。

● 車椅子の場合は便器から車椅子に安全に移動させる。

● 車椅子・歩行器・杖など患者に合った方法で移動する。

8)病室に戻る。

● 車椅子の場合は安全にベッドへ移動させる。

● 患者がスムーズにベッド上に戻れるよう必要に応じて介助を行う。

9)必要に応じて排泄表に記入する。

 

4.観察項目

1)患者の顔色・表情

2)排泄物の量・性状

3)残尿感や残便感の有無

4)気分不良の有無

5)安全にトイレまで移動できたか

6)羞恥心に配慮できているか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話し相手サービスの傾聴メンバー(リスニングメンバー)の求人情報はこちら。在宅でできます。

看護師の悩み相談./秘密厳守の話し相手

診療科目の特徴

看護師の求職方法

アーカイブ

当WEBサイトでのPR掲載希望について

看護師の悩み相談./秘密厳守の話し相手

ページ上部へ戻る