看護師による就職・転職と看護技術ガイド
TOP >  看護技術ガイド > 全体共通 > ベッドメ-キング

ブログ

ベッドメ-キング

心を込めて丁寧に、看護師である、または看護師を目指す、あなたのお話、愚痴・お悩みなどを肯定的にお聴きいたします。

1.目的

● 患者に清潔で安全なベッドを提供するために整える。

● 褥瘡などを予防するためシワのないくずれにくいベッドをつくる。

 

2.必要物品

マットレスパッド・シーツ・掛ふとん・掛ふとんカバー・枕・枕カバー・防水シーツ(必要時)・横シーツ(必要時)など

 

3.援助の実際

1)必要物品を床頭台や椅子の上に置いておく。

2)作業がしやすいようにベッドの高さを調節する。

3)ベッドのストッパーがかかっているか確認する。

4)マットレス上にゴミや埃がないか確認する。

5)マットレスの上にマットレスパッドを敷く。

6)マットレスパッドの上にシーツを敷く。

● シーツの中央線をベッドの中央線と合わせてシーツを広げる。

● 頭部側のマットレスを持ち上げシーツを折り込む。

● 頭部側のシーツの耳を直角に持ち上げる。

● マットレスよりも下の部分を折り込み、マットレスに平行に手を添えて持ち上げていたシーツを下ろす。

● 下ろしたシーツの角が三角形になるようにマットレスに折り込む。

7)足元側のシーツも頭部側と同じように三角形に折り込んでいく。

● 足元側のシーツを伸ばす時は対角線上に伸ばすようにする。

● 重心を落としシーツをしっかりと引っ張って伸ばす。

8)側面のシーツもマットレスの下に折り込む。

9)必要に応じて防水シーツや横シーツを敷く。

10)掛ふとんに掛ふとんカバーをしてベッドの足元に折りたたんでおく。

11)枕に枕カバーをして頭元に置いておく。

12)作業が終了したらベッドの高さを元の状態に戻しておく。

13)ベッドのストッパーを確認する。

14)必要に応じてベッド柵を用意しておく。

 

4.留意点

● くずれにくいベッドにするためシーツの角はしっかりとマットレスに折り込む。

● シーツを引っ張って伸ばす時はボディメカニクスを使って行う。

● 褥瘡を予防するために環境整備時などシーツのシワや患者の寝衣のシワを伸ばすようにする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話し相手サービスの傾聴メンバー(リスニングメンバー)の求人情報はこちら。在宅でできます。

看護師の悩み相談./秘密厳守の話し相手

診療科目の特徴

看護師の求職方法

アーカイブ

当WEBサイトでのPR掲載希望について

看護師の悩み相談./秘密厳守の話し相手

ページ上部へ戻る