看護師による就職・転職と看護技術ガイド
TOP >  看護技術ガイド > 全体共通 > 動脈血液ガス検査

ブログ

動脈血液ガス検査

心を込めて丁寧に、看護師である、または看護師を目指す、あなたのお話、愚痴・お悩みなどを肯定的にお聴きいたします。

1.目的

● 肺でのガス交換が正常に行われているか(血液ガス・電解質)を測定する。

 

2.必要物品

動脈血採血セット・アルコール綿・セッシ・消毒薬(ポピドンヨード)・綿球・ヘパリン・ディスポーザブル手袋・絆創膏・処置用シーツ

 

3.援助の実際

1)患者に動脈血液ガス検査を行うことを伝え同意を得る。

2)ヘパリンで採血用のシリンジ内を湿らせておく(血液凝固を防ぐため)。

3)採血部位を医師に確認し患者の体位を整える。

4)採血部位の下に処置用シーツを敷く。

* 採血部位橈骨動脈、上腕動脈、大腿動脈、足背動脈第一選択は橈骨動脈

5)採血部位を固定し露出する。

● 検査結果に影響が出るため安静した状態で行う。

6)医師が採血部位を消毒する。

● 医師が消毒をしやすいように介助を行う。

7)医師が動脈採血を行う。

● 採血がスムーズに行えるよう採血部位を固定する。

8)医師による動脈採血が終了したら穿刺部位を圧迫止血する。

● 圧迫止血は5分以上行う。

9)患者の体位を整える。

10)医師から動脈血が入ったシリンジを受け取ったらシリンジ内の気泡を抜き栓をする。

11)栓をしたシリンジを手掌で回転させる。

 血液と抗凝固薬をしっかりと混ぜるため。

12)検体を血液ガス分析装置にかけ測定を行う。

● 採血後10分以内に血液ガス分析装置にかける。

● 10分以内にできなければ氷水の入った容器に保存する。

 

4.観察項目

1)患者の顔色・表情

2)穿刺部位が確実に止血しているか

3)採血中の患者の状態(安静にしていたか、息を止めていなかったか)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話し相手サービスの傾聴メンバー(リスニングメンバー)の求人情報はこちら。在宅でできます。

看護師の悩み相談./秘密厳守の話し相手

診療科目の特徴

ダイジェストメールに無料登録

詳しくはコチラ

看護師の求職方法

アーカイブ

当WEBサイトでのPR掲載希望について

看護師の悩み相談./秘密厳守の話し相手

ページ上部へ戻る