看護師による就職・転職と看護技術ガイド
TOP >  看護技術ガイド > 全体共通 > 転倒・転落防止

ブログ

転倒・転落防止

心を込めて丁寧に、看護師である、または看護師を目指す、あなたのお話、愚痴・お悩みなどを肯定的にお聴きいたします。

1.転倒・転落

● 転倒とは自分の意志ではなく地面または低い所に身体の一部が接触すること。

● 転落とは高い所から落ちること。

 

 

2.転倒・転落への対策

1)ベッド周囲などの環境の整備を行う。

● ベッドの高さは端座位になった時両足底が床につく高さにする。

● ナースコールを手が届きやすい位置に置く。

● 床頭台やオーバーテーブルなども手が届きやすい位置に配置する。

● 患者に合わせたベッド柵を使用する(3,4点柵 L字柵など)。

2)患者に合わせて離床センサーなどを使用する。

● 床に置いて患者が足底をついた時に反応させる。

● 患者の背部に置いて起き上がった時に反応させる。

* 特に認知症の患者や意識レベルが低下している患者などに使用したりする。

3)滑りやすい靴を使用しない。

● スリッパは転倒する可能性が高い。

● つま先、踵を覆い底に滑り止めやゴムがついて滑りにくくなっている靴を使用する。

4)睡眠薬など転倒・転落の可能性がある薬剤を把握する。

● 薬剤の追加や増量があれば注意する。

5)夜間のトイレ移動などに注意する。

● 就寝前に排尿を済ませてもらう。

● 夜間だけベッドサイドにポータブルトイレを設置する。

● 車いす移乗時などナースコールで呼んでもらうように説明する。

6)患者が利用する場所などの整備を行う。

● 廊下やトイレなどに手すりを設置する。

● 廊下などにベンチや椅子を置いて休憩できるスペースを確保する。

● 廊下やトイレなどの床が濡れていないか確認する。

● 夜間は病室・廊下などフットライトなどの照明を点ける。

 

3.転倒後症候群

● 特に高齢者は、一度転倒を経験するとその恐怖心からADLの低下(疼痛や骨折などから)を起こす可能性がある。
  歩くことに自信をなくし、活動性が低下し廃用症候群を発症する可能性が高い。
  このような流れを転倒後症候群という。

 

<転倒により生じる障害>

● 骨折(肋骨骨折・大腿骨頚部骨折・脊柱圧迫骨折など)

● 打撲・脱臼・捻挫・擦過傷・切り傷など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話し相手サービスの傾聴メンバー(リスニングメンバー)の求人情報はこちら。在宅でできます。

看護師の求職方法

アーカイブ

当WEBサイトでのPR掲載希望について

看護師の悩み相談./秘密厳守の話し相手

ページ上部へ戻る