看護師による就職・転職と看護技術ガイド
TOP >  看護技術ガイド > 全体共通 > 標準予防策(個人防護具)

ブログ

標準予防策(個人防護具)

心を込めて丁寧に、看護師である、または看護師を目指す、あなたのお話、愚痴・お悩みなどを肯定的にお聴きいたします。

1.目的

● 患者からの分泌物・排泄物・血液などの体液に含まれる病原体から医療者が感染するの防止するため行う。

 

2.必要物品

ガウン(エプロン)・手袋・マスク・ゴーグル・キャップ・シューズカバー

 

3.着脱方法

* 感染などにより隔離している患者の病室に入室する前・退出する前に個人防護具を装着する(清潔・不潔区域を守る)。

 

<着用>

1)手指の消毒を行う。

2)マスク・キャップを装着する。

● 鼻と口を隙間ができないように装着する。

● マスクの大きさを調節する。

3)手指の消毒を行う。

4)ガウンを着用する。

● ガウンのヒモが床に付かないように気をつける。

● 片腕ずつ袖をとおす。

● 首のヒモを結ぶ。

● 腰のヒモを結ぶ。

5)手袋を装着する。

● ガウンの袖を手袋の中に入れる。

6)ゴーグルを装着する。

 

<外し方>

1)手袋を外す。

● 片方の手袋の手首辺りを持つ。

● 手袋を持ったまま中表にして外す。

● 外した手袋を小さくして片方の手で握る。

● 手袋の中に指を入れて中表にして外す。

2)手指の消毒を行う。

3)ガウンを脱ぐ。

● 首のヒモを・腰のヒモを解く。

● 片方の手をガウンの袖口に入れる。

● もう片方の手もガウンの中に入れる。

● 袖と袖を合わせる。

● 中表にたたみながら脱いでいく。

● 脱いだガウンを小さくたたみ専用の廃棄物入れに入れる。

4)手指の消毒を行う。

5)キャップ・マスクの表面に触れないように外す。

● キャップ・マスクを専用の廃棄物入れに入れる。

6)手指の消毒を行う。

 

<防護具の役割>

● ガウン(エプロン):体液・血液・分泌物・排泄物などの飛沫から衣服や皮膚を守る。                                                  広範囲に飛沫する恐れがある場合はガウンを限定される場合はエプロンを着用する。

● 手袋:体液・血液・分泌物・排泄物・傷のある皮膚・粘膜などに触れる場合に手を汚染から守る。

● マスク:体液・血液・分泌物・排泄物などの飛沫から鼻・口の粘膜を守る。

● ゴーグル:体液・血液・分泌物・排泄物などの飛沫から眼の粘膜を守る。

● キャップ:頭髪に病原体が付着するのを予防する。

● シューズカバー:足からの汚染を予防する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話し相手サービスの傾聴メンバー(リスニングメンバー)の求人情報はこちら。在宅でできます。

看護師の求職方法

アーカイブ

当WEBサイトでのPR掲載希望について

看護師の悩み相談./秘密厳守の話し相手

ページ上部へ戻る