看護師による就職・転職と看護技術ガイド
TOP >  看護技術ガイド > 全体共通 > 体位ドレナージ

ブログ

体位ドレナージ

心を込めて丁寧に、看護師である、または看護師を目指す、あなたのお話、愚痴・お悩みなどを肯定的にお聴きいたします。

1.目的

● 分泌物を体位により分泌物を移動させ排出しやすくする。

● 自己にて体位変換ができない、呼吸器障害の患者の排痰を促す。

 

2.必要物品

バスタオル・クッション・吸引器・ティッシュペーパー・ディスポーザブル手袋・パルスオキシメーター・聴診器など

 

3.援助の実際

1)患者に体位ドレナージを行うことを伝え同意を得る。

● 実施中、呼吸困難感や咳嗽、喀痰がある場合は伝えてもらうよう説明する。

2)患者が自己にて体位保持ができない場合、点滴のチューブやラインが挿入されている場合は2人以上の看護者で行う。

3)実施する前に排痰を促す。

● 気管切開・気管挿管をしている患者には気管吸引を行っておく。

4)点滴のチューブやラインが挿入されている場合は抜去しないようにまとめて整理しておく。

5)体位ドレナージを行う。

● 聴診器で痰が貯留している肺区域を確認する。

● 痰が貯留している肺区域が上になるように体位変換を行う。

● 体位が安定するようにクッションやバスタオルなどを身体の固定に使用する。

 

<体位>

● 仰臥位:前上葉区、前肺底区、肺尖区

● 側臥位:患側上肺野、外側肺底区

● 腹臥位:後肺底区、上-下葉区

 

<禁忌>

● 頭蓋内圧20mmHg以上

● 循環動態が不安定(活動性出血)な患者

● 頭頸部外傷で固定する前

● 脊椎損傷の急性期

● 大量胸水・膿胸

● うっ血性心不全

● 肺出血

● 気胸(ドレナージをしていない)

● 肺血栓塞栓症

● 重症呼吸器障害

● 精神不安定状態、せん妄

● 高齢者(体位変換に耐えられない)

● 喘息重積発作など

 

6)同一体位で10~15分くらい継続する。

● 痰が口腔内に貯留した場合はティッシュペーパーや吸引器で取り除く。

7)合併症の出現に注意する。

8)終了後は吸引を行う。

9)患者の体位を整える。

 

<合併症>

● 頭蓋内圧上昇

● 低酸素血症・呼吸困難

● 嘔気・嘔吐

● 肺出血・気管支攣縮

● 血圧の変動・不整脈など

 

4.観察項目

1)患者の顔色・表情

2)バイタルサイン測定値(実施前・中・後)の変動

3)呼吸状態(呼吸音・呼吸回数・リズム)

4)痰の量・性状

5)合併症の有無

6)体位による疼痛の有無

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話し相手サービスの傾聴メンバー(リスニングメンバー)の求人情報はこちら。在宅でできます。

看護師の悩み相談./秘密厳守の話し相手

診療科目の特徴

看護師の求職方法

アーカイブ

当WEBサイトでのPR掲載希望について

看護師の悩み相談./秘密厳守の話し相手

ページ上部へ戻る