看護師による就職・転職と看護技術ガイド
TOP >  看護技術ガイド > 全体共通 > 洗浄・消毒・滅菌

ブログ

洗浄・消毒・滅菌

心を込めて丁寧に、看護師である、または看護師を目指す、あなたのお話、愚痴・お悩みなどを肯定的にお聴きいたします。

1.目的

● 患者に使用した医療器具からの二次感染を予防する。

● 医療器具を取り扱う医療者への感染を予防する。

 

2.洗浄

* 洗浄:対象物から汚物・有機物などあらゆる異物を取り除くことである。

 

<洗浄の方法>

● 用手洗浄:器具をスポンジなどで人の手で汚れを取り除く方法である。標準予防策を行って実施する。
       水はねによる汚染を防止するため水を溜めた容器の中で行う。

● 浸漬洗浄:器具を洗浄剤を入れた容器に浸漬し血液などの汚れを分解して取り除く方法である。
       浸漬する時間・洗浄剤の濃度・温度を守ることが必要である。

● 機械洗浄:超音波洗浄器やウオッシャーディスインフェクターなどの機械で器具を洗浄する方法である。
       超音波洗浄器は超音波を利用して器具の汚れを取り除くことができる。
       ウオッシャーディスインフェクターは洗浄・熱水消毒・乾燥を自動的に行うことができる。

 

3.消毒

* 消毒:対象物に生存している微生物を減少させることである。

 

<消毒の方法>

● 物理的消毒:消毒薬を使用しないで消毒する方法である。熱や紫外線を利用して消毒を行う。

● 化学的消毒:消毒薬を使用して消毒する方法である。熱による消毒ができない場合などに行う。

<消毒薬の分類>

● 低水準消毒薬・・・グルコン酸クロルヘキシジンなど。結核菌、一部のウイルス以外や芽胞などを
           死滅させることができる。

● 中水準消毒薬・・・次亜塩素酸ナトリウムなど。芽胞以外の微生物を死滅させることができる。

● 高水準消毒薬・・・グルタラールなど。芽胞が大量にある以外は全ての微生物を死滅させることができる。

 

 

4.滅菌

* 滅菌:全ての微生物を死滅させることがである。

 

<滅菌の方法>

● 高圧蒸気滅菌:高熱の蒸気を利用して滅菌を行う。耐熱性、耐水性の器具・器材の滅菌に適している。

● 酸化エチレンガス滅菌:熱や高温に耐えられない器具・器材の滅菌に適している。
             有毒ガスを用いるので取り扱いに注意する。

● 過酸化水素ガスプラズマ滅菌:低温・湿度で滅菌を行う。短時間で滅菌を行うことができる。

 

<滅菌物の取り扱い方法>

● 滅菌物は扉つきの棚で保管する。

● 滅菌済みであるか確認する(インジケーターを確認する)。

● 滅菌の有効期限を確認する。

● 包装に破損がないか確認する。

● 滅菌物を取り扱う前は手洗いを行い汚染を取り除く。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話し相手サービスの傾聴メンバー(リスニングメンバー)の求人情報はこちら。在宅でできます。

看護師の悩み相談./秘密厳守の話し相手

診療科目の特徴

看護師の求職方法

アーカイブ

当WEBサイトでのPR掲載希望について

看護師の悩み相談./秘密厳守の話し相手

ページ上部へ戻る