看護師による就職・転職と看護技術ガイド
TOP >  看護技術ガイド > 全体共通 > 体温管理の援助

ブログ

体温管理の援助

心を込めて丁寧に、看護師である、または看護師を目指す、あなたのお話、愚痴・お悩みなどを肯定的にお聴きいたします。

1.目的

● 体温が正常範囲内で維持するように援助する。

● 身体的苦痛の軽減をはかる。

 

2.必要物品

バイタルサイン測定具・電気毛布・湯たんぽ・氷枕・氷嚢・飲み物・着替え・毛布など・輸液(必要時)

 

3.援助の実際

<発熱時の看護>

* 体温上昇時:体温上昇による悪寒・四肢の冷感などの放熱量が減少するため保温を行う。

● 室温を確認する。

● 患者の希望により掛け物をかけたり、湯たんぽや電気毛布などを用意する。

● 自分で伝えることができない場合は、四肢の冷感や悪寒などから判断する。

● 患者の身体を温めるようにする。

* 解熱時:放熱が行われ発汗があり血管が拡張することにより顔色紅潮がみられる。
      氷枕・氷嚢や清拭などで体温の正常化をはかる。

● 室温を確認する。

● 掛け物を薄いものと交換する。

● 発汗がある場合は清拭を行ったり、更衣をしたり水分補給を促す。

 

<うつ熱時の看護>

* うつ熱:体内に熱がこもっている状態。放熱ができていない状態。熱中症などがある。

● 熱中症:体温が上昇し、めまい・頭痛・嘔気・意識障害などの症状がある。

● 体温が高い場合は腋窩や鼠径部など動脈を氷嚢で冷やす。

● 水分補給を促す(意識がある場合)。

● 必要に応じ輸液(電解質)の投与を行う。

● 高齢者は熱中症になりやすいため注意する。

 

<低体温時の看護>

* 低体温:環境が原因でなる場合や末梢血管が拡張し体熱が放散された状態などで低体温となる。
      体温が34℃以下になると生命の危機状況になる。

● 室温を確認する(高くする)。

● 掛け物をかけたり、湯たんぽや電気毛布などを使用する。

● 急激に体温を上昇させるとショックを起こす可能性があるので注意する。

 

4.観察項目

1)患者の顔色・表情

2)バイタルサイン測定値・意識レベル

3)体温表を記録し特殊な熱型を示していないか観察する。

4)悪寒・四肢の冷感の有無

5)頭痛・めまいの有無

6)嘔気・嘔吐の有無

7)水分摂取量

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話し相手サービスの傾聴メンバー(リスニングメンバー)の求人情報はこちら。在宅でできます。

看護師の求職方法

アーカイブ

当WEBサイトでのPR掲載希望について

看護師の悩み相談./秘密厳守の話し相手

ページ上部へ戻る