看護師による就職・転職と看護技術ガイド
TOP >  看護技術ガイド > 全体共通 > 体位保持

ブログ

体位保持

心を込めて丁寧に、看護師である、または看護師を目指す、あなたのお話、愚痴・お悩みなどを肯定的にお聴きいたします。

1.目的

● 安楽な体位を保持することにより内臓器への圧迫や筋緊張などを防ぐ。

● 褥瘡を予防する。

 

2.必要物品

クッション・バスタオル・フェイスタオルなど

 

3.援助の実際

1)ベッド周囲の環境を整えスペースを確保する。

2)ベッドの高さを調節する。

3)患者が身体を支えられない場合は看護者2人で行う。

4)ベッドのストッパーを確認する。

5)ベッド柵を援助しやすい位置に移動させる。

 

<仰臥位の場合>

1)患者を仰臥位にする。

● 使用しているクッションなどを取り除く。

● 側臥位になってもらいシーツや寝衣のシワを伸ばす。

2)背部になど身体の下にできている隙間の有無を確認する。

3)隙間に合ったクッションなどを入れ体圧を分散する。

● 肩甲骨に負担がかかるため肩関節の下にクッションやタオル類を入れる。

● 両膝窩部の下にクッションを入れる。

● クッションで両足底を支える(尖足予防)。

4)安楽であるか、圧迫されている箇所はないか確認する。

 

<側臥位の場合>

1)患者を側臥位にする。

● 使用しているクッションなどを取り除く。

● シーツや寝衣のシワを伸ばす。

2)背部から腰部にクッションを入れる。

● 患者が苦痛を感じない角度でクッションを入れる。

3)両下肢は重ならないようにする。

● 両膝の間にクッションを挟み込む(角度的に無理ならば上になっている膝下にクッションを入れる)。

● 両膝は軽く屈曲させる。

4)下になっている肩や耳介部が圧迫されないように分散させる。

● 両上肢を軽く屈曲させる(肘関節)。

5)安楽であるか、圧迫されている箇所はないか確認する。

 

<ファウラー位の場合>

1)患者を仰臥位にする。

● 使用しているクッションなどを取り除く。

2)ベッドを挙上させた時に屈曲する場所と患者の臀部が合うように患者を移動させる。

● 側臥位になってもらいシーツや寝衣のシワを伸ばす。

3)患者に声をかけベッドを挙上させる。

● 頭側と足側をゆっくりと挙上させる(足側から挙上する)。

● 足側が挙上できない場合は両膝窩部の下にクッションを入れる。

● 頭側の挙上角度は約30度くらいとする。

4)肩を支えるように頭部から枕を入れる。

● 頸部が前屈し過ぎないように調節する。

5)両上肢の下にクッションを入れる。

6)両足底にクッションを入れる。

● 身体がベッドの下にズレていくのを防ぐため。

7)患者の身体が真っ直ぐになっているか確認する。

● 麻痺や拘縮があると患部の方へ身体が傾く可能性があるため。

● ベッドからの転落を防ぐため。

8)安楽であるか、圧迫されている箇所はないか確認する。

 

6)体位保持が終了したらベッド周囲を整える。

● 患者の私物を移動させた場合は元の位置に戻す。

● ベッドの高さを元の位置に戻す。

● ベッド柵を元の位置に戻す。

● ベッドのストッパーを確認する。

* 一つの体位の保持は約2時間以内とする(同一部位への圧迫や褥瘡を予防するため)。

 

4.観察項目

1)患者の顔色・表情

2)疼痛の有無

3)筋肉や関節への負担の有無

4)安楽な体位であるか、安定した体位であるか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話し相手サービスの傾聴メンバー(リスニングメンバー)の求人情報はこちら。在宅でできます。

看護師の悩み相談./秘密厳守の話し相手

診療科目の特徴

ダイジェストメールに無料登録

詳しくはコチラ

看護師の求職方法

アーカイブ

当WEBサイトでのPR掲載希望について

看護師の悩み相談./秘密厳守の話し相手

ページ上部へ戻る