看護師による就職・転職と看護技術ガイド
TOP >  看護技術ガイド > 全体共通 > 身体計測

ブログ

身体計測

心を込めて丁寧に、看護師である、または看護師を目指す、あなたのお話、愚痴・お悩みなどを肯定的にお聴きいたします。

1.目的

● 身体の各部を計測器を使用して測定すること。

● 身体の発達・水分の出納・栄養状態などを把握するために行う。

 

2.必要物品

身長計・体重計・メジャーなど

 

3.援助の実際

1)患者に身体計測を行うことを伝え同意を得る。

 

<身長計測>

1)患者に履き物を脱いでもらい身長計に乗ってもらう。

● 髪の毛など頭部の厚みを調節する。

● 身体を真っ直ぐにし後頭部から踵部までが尺柱に密着するように立ってもらう。

● 眼窩下縁と耳下縁が水平になるよう頭部を真っ直ぐにする。

● 両腕は体幹につけ顎を少し引いてもらう。

2)身長計の横規を患者の頭頂部に軽く当て目盛りを読む。

● 横規を頭頂部に当てる時は尺柱と横規が90度になるようにする。

 

<体重計測>

1)排泄の有無を確認する。

● 体重変動の一因となるため。

2)患者に薄着になってもらう。

● 服の重さも計測されるため。

3)体重計の目盛りが0になっているか確認する。

4)履き物を脱いで体重計に乗ってもらう。

● 他の部分を持ったりせず目盛りが安定するまで静かに待ってもらう。

5)目盛りが安定したら数値を読む。

 

<腹囲計測>

1)排泄の有無を確認する。

● 体重変動の一因となるため。

2)患者にベッドの上に仰臥位で寝てもらう。

● 膝を伸ばしてもらう。

3)腹部を露出してもらう。

● 臍が見えるように腹部を露出してもらう。

4)メジャーで計測をする。

● メジャーを背部に通し臍上で軽くメジャーをあわせる。

● 体軸とメジャーが直角になるようにする。

* 腹部膨満がある場合は腹部の一番高い位置を通してメジャーをあわせる。

 

<胸囲計測>

1)患者に立位になってもらい上半身を露出してもらう。

2)両腕は体幹にそわせて直立をしてもらう。

3)メジャーを両肩甲骨下角を通るように前胸部に回しキツくならないようにメジャーをあわせる。

● 男性は乳頭の位置で計測する。

● 女性は両肩甲骨から水平な乳房上で計測する。

4)呼吸により影響を受けるので呼気の終わりに計測する。

 

◆ BMI(肥満度の判定法)

● BMI=体重kg÷(身長m)2(乗)

● 18.5以上~25未満は普通体重である(基準の数値は22)

 

◆ IBW(標準体重)

● IBW=(身長m)2(乗)×22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話し相手サービスの傾聴メンバー(リスニングメンバー)の求人情報はこちら。在宅でできます。

看護師の求職方法

アーカイブ

当WEBサイトでのPR掲載希望について

看護師の悩み相談./秘密厳守の話し相手

ページ上部へ戻る