看護師による就職・転職と看護技術ガイド
TOP >  看護技術ガイド > 全体共通 > 閉鎖式気管吸引

ブログ

閉鎖式気管吸引

心を込めて丁寧に、看護師である、または看護師を目指す、あなたのお話、愚痴・お悩みなどを肯定的にお聴きいたします。

1.目的

● 人工呼吸器を外さず酸素を送りながら気管吸引ができる。

● 低酸素血症を防ぐことができる。

 

2.必要物品

閉鎖式気管吸引カテーテル(必要時に応じ気管内挿管用と気管切開用がある)・吸引セット・ポート用の洗浄水・ポート用のシリンジ・アルコール綿・ディスポーザブル手袋・マスク・ゴーグル(必要時)・エプロン

 

3.援助の実際

1)患者に吸引を行うことを伝え同意を得る。

2)必要物品を準備する。

● ディスポーザブル手袋・マスクなどを装着する。

3)口腔内に貯留している分泌物を吸引する。

● 口腔内に貯留している分泌物が気道へ流れるのを防ぐため。

● 吸引ポートがあればシリンジでカフ上部に貯留している分泌物を吸い上げておく。

4)吸引のスイッチを入れ吸引圧の設定を行う。

● 吸引圧は150~200mmHgに設定する。

● 吸引チューブを指で塞ぎ吸引圧がかかるか確認する。

5)吸引チューブに閉鎖式気管吸引カテーテルを取り付ける。

6)コントロールバルブを解除する。

● コントロールバルブを180度回転させる。

● コントロールバルブを押して吸引圧がかかるか確認する。

7)吸引圧をかけながら閉鎖式気管吸引カテーテルを挿入する。

● 気管チューブと閉鎖式気管吸引カテーテルのつなぎ目をしっかりと把持する。

● 気管チューブの長さを考えて挿入する(目盛りが合った位置から2~3cm先まで)。

8)吸引を行う。

● コントロールバルブを押したまま黒いマーカーが決められた位置にくるまで引き抜く。

● 閉鎖式気管吸引カテーテルはゆっくりと回転させる。

● 1回の吸引時間は10秒以内で行う。

9)閉鎖式気管吸引カテーテルの黒いマーカーの位置を確認し洗浄用ポートに洗浄水を流し洗浄する。

● コントロールバルブを押しながら行う。

● 洗浄水はゆっくりと流す。

● 流し終わったらポート部をアルコール綿で拭きフタをする。

10)コントロールバルブを固定する。

● コントロールバルブを180度回転させる。

11)閉鎖式気管吸引カテーテルを吸引チューブから外す。

● コントロールバルブのフタをする。

12)後片付けを行う。

● 吸引チューブをまとめ吸引器のスイッチを切る。

 

<カフ圧の調整>

● パイロットバルーンにカフ圧計・シリンジを接続する。

● 三方活栓は閉じておく。

● カフ圧は設定よりも少し高く調整する(約30cmH2O)。

● 三方活栓を開き再びカフ圧を約30cmH2Oに調整する。

● 三方活栓を閉じて接続しているのを外す。

 

4.観察項目

1)患者の顔色・表情

2)呼吸状態(呼吸音・リズム・回数など)

3)人工呼吸器モニターの異常の有無

4)酸素飽和度の測定値

5)痰の量・性状

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話し相手サービスの傾聴メンバー(リスニングメンバー)の求人情報はこちら。在宅でできます。

看護師の悩み相談./秘密厳守の話し相手

診療科目の特徴

ダイジェストメールに無料登録

詳しくはコチラ

看護師の求職方法

アーカイブ

当WEBサイトでのPR掲載希望について

看護師の悩み相談./秘密厳守の話し相手

ページ上部へ戻る