看護師による就職・転職と看護技術ガイド
TOP >  看護技術ガイド > 全体共通 > 一時救命処置(BLS)

ブログ

一時救命処置(BLS)

心を込めて丁寧に、看護師である、または看護師を目指す、あなたのお話、愚痴・お悩みなどを肯定的にお聴きいたします。

1.目的

● 心肺停止状態の患者の循環・呼吸を維持し生命の危機から救う。

 

2.適応・禁忌

● 心肺停止している(外傷や急性疾患など)患者に実施する。

● がんなどの末期で患者が心肺蘇生を行わないとの指示がある場合は行わない。

● 死後硬直が始まっている患者には行わない。

 

3.援助の実際

1)病室や廊下などで心肺停止している患者を発見したらすぐに一時救命処置(BLS)を行う。

● 患者の周囲の安全を確保する。

2)患者の意識を確認する。

● 肩を叩きながら呼びかける。

● 強く揺すったり強く叩いたりしてはいけない(頚椎保護のため)。

3)大きな声で応援を呼ぶ。

● 第一発見者はその場から離れないようにする。

● 周囲のスタッフに必要物品を手配してもらう。

● 周囲に誰もいなければ、自分で救急通報を行う。

4)患者の気道を確保する。

● 頭部後屈顎先挙上法を行い気道を確保する。

● 訓練を受けている場合は下顎挙上法を行ってもよい。

5)呼吸の有無を確認する。

● 10秒以内に胸部・腹部を観察し呼吸の有無を確認する。

6)胸骨圧迫を行う。

● 心停止と確認したらすぐに胸骨圧迫を実施する。

● 胸骨圧迫の位置は胸の真ん中を目安に行う。

● 胸骨が約5cmくらい下がる程度の圧で行う。

● 1分間に100回の速さで行う。

● 中断することなく絶え間なく胸骨圧迫を行う。

● 胸骨圧迫は硬いものの上で行うのがよい。

7)人工呼吸を行う。

● 胸骨圧迫を30回行い、人工呼吸を2回行う(30:2の割合)。

● 胸骨圧迫と人工呼吸を合わせてCPRという。

8)AED(自動体外式除細動器)が到着するまで繰り返し行う(6・7)。

● 応援が来たら胸骨圧迫と人工呼吸と分担して行う。 

9)AEDを装着する。

● AEDを持ってきた者が電源を入れ患者にパッドを装着する。

● パッドは右前胸部と左側胸部に貼付する(その間もCPRを続ける)。

● AEDからの音声の指示に従う。

10)AEDが心電図を解析中はCPRを中断する。

● 患者に触れない。

11)AEDより電気ショックが必要なら指示に従う。

● 大きな声で患者に触れないように周囲に伝える。

● 患者に触れないようにし電気ショックのスイッチを押す。

● その後、すぐにCPRを再開する。

● AEDが2分ごとに心電図の解析を行う。

12)二次救命処置に引き継ぐ。

<AEDの留意点>

* 患者の身体的状況によりパッドを貼付する位置を変更しなければならない場合がある。

● 体毛が濃い場合:パッドを貼付し解析されなければ素早く除毛する。

● 身体がぬれている場合:素早く拭く。

● 乳房が大きい場合:左パッドは乳房の下に貼付する。

● ペースメーカーが埋め込まれている場合:ペースメーカーを避けて貼付する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話し相手サービスの傾聴メンバー(リスニングメンバー)の求人情報はこちら。在宅でできます。

看護師の悩み相談./秘密厳守の話し相手

診療科目の特徴

ダイジェストメールに無料登録

詳しくはコチラ

看護師の求職方法

アーカイブ

当WEBサイトでのPR掲載希望について

看護師の悩み相談./秘密厳守の話し相手

ページ上部へ戻る