看護師による就職・転職と看護技術ガイド
TOP >  看護技術ガイド > 全体共通 > 止血法

ブログ

止血法

心を込めて丁寧に、看護師である、または看護師を目指す、あなたのお話、愚痴・お悩みなどを肯定的にお聴きいたします。

1.目的

● 出血による血液の減少を防ぐ

● 血液の減少による循環血液量減少性ショックを予防する

 

2.必要物品

ガーゼ・マスク・ディスポーザブル手袋・ガウン・ゴーグル(必要時)・止血帯(必要時)

 

3.援助の実際

<止血法の種類>

● 直接圧迫止血法:直接出血部位を手で圧迫する。外出血の基本的な止血法である。

● 間接圧迫止血法:出血部位と心臓の間の動脈を圧迫する。臓器など内出血の場合に行う。

● 止血帯法:止血帯を出血部位より中枢側に巻き動脈を圧迫して止血する。直接圧迫止血法ができない場合に行う。

● 直接圧迫止血法

1)患者に直接圧迫止血法を行うことを伝え同意を得る。

2)患者の体位は仰臥位とする。

3)出血部位を確認する。

4)直接圧迫止血法を行う。

● ガーゼで出血部位を覆い手でガーゼの上から圧迫する。

● ディスポーザブル手袋をし感染予防対策をとる。

5)止血ができているか確認する。

● ガーゼの全面が汚染されたら新たなガーゼと交換して行う。

● 止血が確認されるまで行う。

6)止血ができたらガーゼを包帯などで出血部位を固定する。

● 間接圧迫止血法

1)患者に間接圧迫止血法を行うことを伝え同意を得る。

2)患者の体位は仰臥位とする。

3)出血部位を確認する。

4)間接圧迫止血法を行う。

● 出血部位と心臓の間の動脈を手で圧迫する。

● 動脈の走行を理解しておく必要がある。

5)止血ができているか確認する。

● 止血帯法

1)患者に止血帯法を行うことを伝え同意を得る。

2)出血部位を確認する。

3)止血帯法を行う。

● 出血部位より中枢側に止血帯を巻き動脈を圧迫する。

● 約30分ごとに止血帯を緩め組織への血流を保つ。

* 出血部位が四肢の場合は心臓よりも高く上げると止血しやすくなる。

 

4.観察項目

1)患者の顔色・表情

2)出血部位・止血法

3)バイタルサイン測定値

4)出血量・止血時間

5)チアノーゼの有無

6)末梢動脈の触知

7)冷感の有無

8)循環血液量減少性ショックの有無

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話し相手サービスの傾聴メンバー(リスニングメンバー)の求人情報はこちら。在宅でできます。

看護師の悩み相談./秘密厳守の話し相手

診療科目の特徴

看護師の求職方法

アーカイブ

当WEBサイトでのPR掲載希望について

看護師の悩み相談./秘密厳守の話し相手

ページ上部へ戻る