看護師による就職・転職と看護技術ガイド
TOP >  看護技術ガイド > 全体共通 > 手浴

ブログ

手浴

心を込めて丁寧に、看護師である、または看護師を目指す、あなたのお話、愚痴・お悩みなどを肯定的にお聴きいたします。

1.目的

● 温熱刺激による血行促進・運動機能の改善

● 手浴を行うことにより爽快感を得ることができる

● 決められた時間に行うことにより生活のリズムをつける

 

2.必要物品

* ベッドサイドで行う場合

ベースン・ピッチャー・バケツ(清潔・汚水用)・防水シーツ・ハンドソープ(石けん)・フェイスタオル・バスタオル・水温計・新聞紙・爪切り(必要時)

 

3.援助の実際

1)患者に手浴を行うことを伝え同意を得る。

2)必要物品を準備する。

3)患者の体位は患者に合わせた体位とする。

● 離床して洗面所で決まった時間に手浴を行うのが望ましい。

● 仰臥位の場合はベッドを約30度ほど挙上すると行いやすい。

● 側臥位の場合は片手ずつ手浴を行う。

* 仰臥位で行う場合

1)患者の手がベースンに入るように体位を整える。

● ベースンの下に防水シーツを敷く。

● 寝衣や寝具が濡れないように調節する。

2)ベースンに湯を入れる。

● 湯温は約38~41℃くらいにする。

3)ベースンに患者の両手を入れる。

● 患者に湯温を確認する。

● ハンドソープを付け患者自身で洗ってもらう。患者自身で洗えなければ介助を行う。

4)ハンドソープで洗浄ができたら湯を交換する。

5)新しい湯で両手についている泡を流してもらう。

● 湯を交換するたび湯温を患者に確認する。

● ピッチャーで湯をかけ手首も洗ってもらう。

6)手浴が終了したらフェイスタオルで水分を拭き取っていく。

7)爪が伸びていたら爪切りを行う。

8)終了したら患者の体位を整え、後片付けを行う。

● ベッド上や寝衣・寝具が濡れていないか確認する。

* 麻痺や拘縮がある場合

● 側臥位で片手ずつ手浴を行う。

● ベースンに手を入れることができない場合は湯をビニール袋などに入れ手浴ができるように工夫する。

● 湯をしぼったタオルで手を包み込むようにしてもよい。

● 麻痺や拘縮があると熱さを感じにくくなるため湯温に気をつける。

 

4.観察項目

1)患者の顔色・表情

2)疲労感の有無

3)爽快感・満足感が得られたか

4)疼痛の有無

5)冷感の有無

6)手指の汚れは除去されたか

7)患者のADLの状態

8)爪の状態

9)手掌・手背・指の状態(発赤・発疹の有無)

10)ベッド上や寝衣・寝具が濡れていないか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話し相手サービスの傾聴メンバー(リスニングメンバー)の求人情報はこちら。在宅でできます。

看護師の悩み相談./秘密厳守の話し相手

診療科目の特徴

ダイジェストメールに無料登録

詳しくはコチラ

看護師の求職方法

アーカイブ

当WEBサイトでのPR掲載希望について

看護師の悩み相談./秘密厳守の話し相手

ページ上部へ戻る