看護師による就職・転職と看護技術ガイド
TOP >  看護技術ガイド > 外来 > 胃洗浄

ブログ

胃洗浄

心を込めて丁寧に、看護師である、または看護師を目指す、あなたのお話、愚痴・お悩みなどを肯定的にお聴きいたします。

1.目的

● 薬物の大量摂取や有害な物を摂取した時に胃内を洗浄する。

 

2.必要物品

ロート・胃管・イリゲーター(シリンジ)・洗浄液・排液用バケツ・ピッチャー・潤滑剤・吸引器(必要時)・ディスポーザブル手袋・処置用シーツ・バスタオル・聴診器

 

3.援助の実際

1)患者に胃洗浄を行うことを伝え同意を得る。

● 患者の意識がなければ気管挿管を行う。

● 義歯がある場合は外しておく。

2)必要物品を準備する。

3)患者の体位は左側臥位とすることが。

4)胃管に潤滑剤を塗布し口腔から插入する。

5)胃管が胃内に入ったか確認する。

● 胃液をシリンジで胃管から吸い上げるか胃管にシリンジから空気を入れ聴診器で確認する。

6)胃管にロートを取り付け洗浄液を注入する。

● 注入量は200~300mLとする。

● ロートの高さは患者の頭部より30~50cmくらいにする。

● サイフォンの原理により胃内容物を排液用バケツへ移す。

7)洗浄液がキレイになるまで何度か繰り返す。

8)胃洗浄が終了したら解毒剤や下剤を注入する。

9)全て終了したら胃管を抜去する。

* 注意点

● 胃洗浄の合併症として誤嚥性肺炎、胃や食道の穿孔・出血などがある。

● 薬物を飲んだ場合、飲んでから1時間以内に洗浄することがよい。

● 石油系を飲んだ場合は胃管を插入することにより食道狭窄・穿孔を起こす可能性があるため禁忌である。

● 全身状態が不良の場合なども禁忌である。

 

4.観察項目

1)患者の顔色・表情

2)排液の量・性状

3)洗浄液の使用量

4)患者の意識状態

5)胃洗浄実施前・後のバイタルサイン測定値

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話し相手サービスの傾聴メンバー(リスニングメンバー)の求人情報はこちら。在宅でできます。

看護師の悩み相談./秘密厳守の話し相手

診療科目の特徴

ダイジェストメールに無料登録

詳しくはコチラ

看護師の求職方法

アーカイブ

当WEBサイトでのPR掲載希望について

看護師の悩み相談./秘密厳守の話し相手

ページ上部へ戻る