看護師による就職・転職と看護技術ガイド
TOP >  看護技術ガイド > 全体共通 > 検体検査(血液検査)

ブログ

検体検査(血液検査)

心を込めて丁寧に、看護師である、または看護師を目指す、あなたのお話、愚痴・お悩みなどを肯定的にお聴きいたします。

1.目的

● 健康診断のスクリーニングを行う。

● 疾患の診断に用いる。

 

2.必要物品

注射針・真空採血管・ホルダー・駆血帯・アルコール綿・注射針を破棄する容器・肘枕・バンソコウ・膿盆・ディスポーザブル手袋・検査指示票

 

3.援助の実際

1)患者に採血を行うことを伝え同意を得る。

2)検査指示票を確認し必要物品を準備する。

3)ホルダーに針を接続する。

4)左右どちらかの腕を肘枕においてもらう。

● 手掌が上になるように肘枕においてもらう。

5)駆血帯を巻き採血を行う血管を選ぶ。

● 患者に母指を手掌の中に入れ握ってもらう。

● 肘関節の肘正中皮静脈、橈側皮静脈、尺側皮静脈より採血を行うことが多い。

6)穿刺部位をアルコール綿で消毒をする。

7)穿刺部位より少し上の皮膚を軽く引っ張り針を插入する。

● 注射針の刃面を上にして約15~30度の角度で插入する。

● 注射針を插入直後にしびれの有無を確認する。

8)ホルダーを固定して真空採血管をホルダーに接続する。

● 注射針が動かないようにホルダーを固定する。

● 真空採血管をホルダーにまっすぐに接続する。

9)真空採血管への血液の流入を確認する。

10)必要量の採血ができたらホルダーから真空採血管を引き抜く。

● ホルダーから真空採血管をまっすぐに引き抜く。

11)検査項目が複数ある場合はホルダーを固定したまま新しい真空採血管を接続する。

12)採血が全て終了したらホルダーから真空採血管を抜き握っていた手掌を開いてもらい駆血帯を外していく。

13)穿刺部位にアルコール綿を当て注射針を抜去する。

● 穿刺部位をアルコール綿で圧迫止血する。

14)止血ができたらバンソコウで固定する。

15)使用した注射針・ホルダーは注射針を破棄する容器に捨てる。

16)検体を検査室へ提出する。

 

4.観察項目

1)患者の顔色・表情

2)確実に止血しているか

3)穿刺部位の疼痛の有無

4)しびれの有無

5)穿刺部位・周囲の皮膚の状態(発赤・発疹・腫脹などの有無)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話し相手サービスの傾聴メンバー(リスニングメンバー)の求人情報はこちら。在宅でできます。

看護師の求職方法

アーカイブ

当WEBサイトでのPR掲載希望について

看護師の悩み相談./秘密厳守の話し相手

ページ上部へ戻る