看護師による就職・転職と看護技術ガイド
TOP >  看護技術ガイド > 全体共通 > リネン交換

ブログ

リネン交換

心を込めて丁寧に、看護師である、または看護師を目指す、あなたのお話、愚痴・お悩みなどを肯定的にお聴きいたします。

1.目的

● 清潔なリネン類に交換することにより快適な療養生活を過ごすため

 

2.必要物品

リネン類(シーツ・掛ふとんカバー・枕カバーなど)・粘着ローラー

 

3.援助の実際

1)患者にリネン類の交換をすることを伝え同意を得る。

● 患者が離床できる場合は他室に移動してもらうか、ベッド横に座ってもらう。

● 離床できない場合は臥床のまま交換をしていく。

● 患者が体位を保持できない場合は看護者2人で行う。

* 患者が臥床のままの場合(自己にて体位を保持できる)

1)看護者は左右どちらかのベッド横に立つ。

2)ベッドの高さを作業がしやすいように調節する。

3)看護者が立っている側のベッド柵を外す。

● 膀胱留置カテーテルを插入している場合は蓄尿バッグが膀胱よりも上にならないよう移動させる。

4)患者を看護者が立っている側とは反対側の側臥位をとってもらう。

● 体位が保持できるようベッド柵を持ってもらう。

5)看護者側のシーツを外し埃がたたないよう巻きながらベッドの中央に寄せる。

● マットレス上にゴミがあれば粘着ローラーで取り除く。

6)新しいシーツをベッドの半分(中央)まで敷いていく。

● 交換するシーツの下に新しいシーツ(半分)がくるように寄せる。

7)看護者側のベッド柵を取り付ける。

8)看護者は反対側へ移動する。

9)患者に今とは反対側の側臥位をとってもらう。

● 中央に寄せているシーツを乗り越えてもらう。

10)看護者が立っている側のベッド柵を外す。

11)交換するシーツを埃がたたないようベッドから外す。

● マットレス上にゴミがあれば粘着ローラーで取り除く。

12)新しいシーツの寄せている半分を敷いていく。

● シーツのシワをしっかりと伸ばす。

● 患者に振動を与えないよう静かに行う。

13)シーツの端をマットレスに敷きこみ頭部・足部の角を三角に折る。

14)ベッド柵を元の位置に戻す。

15)患者の体位を安楽な体位に整える。

16)膀胱留置カテーテルの蓄尿バッグを移動していれば元の位置に戻す。

17)掛ふとんカバー・枕カバーを交換する。

18)終了したらベッドの高さを元の高さに戻す。

19)決められた方法でリネン類を処理する。

 

4.観察項目

1)患者の顔色・表情

2)気分不良の有無

3)患者に插入されているチューブ類の屈曲はないか

4)ベッド柵は元の位置にあるか

5)ベッドの高さは元の高さであるか

6)ベッドのストッパーはかかっているか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話し相手サービスの傾聴メンバー(リスニングメンバー)の求人情報はこちら。在宅でできます。

看護師の悩み相談./秘密厳守の話し相手

診療科目の特徴

看護師の求職方法

アーカイブ

当WEBサイトでのPR掲載希望について

看護師の悩み相談./秘密厳守の話し相手

ページ上部へ戻る