看護師による就職・転職と看護技術ガイド
TOP >  看護技術ガイド > 全体共通 > 包帯法

ブログ

包帯法

心を込めて丁寧に、看護師である、または看護師を目指す、あなたのお話、愚痴・お悩みなどを肯定的にお聴きいたします。

1.目的

● 安静が必要な関節を固定する。

● 創部を固定する。

 

2.必要物品

包帯(巻軸帯)・サージカルテープ・はさみ

 

3.援助の実際

* 基本の包帯の巻き方

● 環行帯:太さが一定の部位に行うが包帯の巻き始めは環行帯から行う。

● 麦穂帯:足関節や下腿部など屈曲・太さに変化のある部位に行う。

● らせん帯:前腕部など太さにあまり変化のない部位に行う。

1)患者に包帯法を行うことを説明し同意を得る。

2)良肢位になるよう患者の体位を整える。

* 特に関節に包帯法を行う時は関節拘縮を予防するため良肢位で行う。

3)巻き始めは環行帯から行う。

● 包帯を固定するサージカルテープを切って用意しておく。

● 利き手に帯頭を持ち皮膚に当てながら帯尾を長く出さないで巻いていく。

● 末梢部分にかからないように包帯を巻いていく(循環障害の早期発見のため)。

4)部位に合った巻き方で巻いていく。

5)最後は環行帯で巻いてサージカルテープで固定する。

● 患者に圧迫感や苦痛がないか確認する。

● 関節部に巻いた場合は関節の動きを確認する。

 

4.観察項目

1)循環障害の有無(皮膚色・爪色・冷感など)

2)疼痛・痺れの有無

3)運動障害の有無

4)包帯に血液・滲出液が付着していないか

5)包帯のズレや緩みはないか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話し相手サービスの傾聴メンバー(リスニングメンバー)の求人情報はこちら。在宅でできます。

看護師の悩み相談./秘密厳守の話し相手

診療科目の特徴

ダイジェストメールに無料登録

詳しくはコチラ

看護師の求職方法

アーカイブ

当WEBサイトでのPR掲載希望について

看護師の悩み相談./秘密厳守の話し相手

ページ上部へ戻る