看護師による就職・転職と看護技術ガイド
TOP >  看護師・転職ガイド > 派遣社員が産休を取得するには?

ブログ

派遣社員が産休を取得するには?

心を込めて丁寧に、看護師である、または看護師を目指す、あなたのお話、愚痴・お悩みなどを肯定的にお聴きいたします。

 看護師として働くにあたり色々な形態があると思います。病院での正規の職員や非常勤であったり、派遣会社に登録をして短期・長期で働いている方など様々だと思います。

病院での直接雇用だとあまり心配はないと思いますが、派遣会社に登録をしていても「妊娠したら産休を取ることはできるの?」と疑問に感じている方もいると思われます。

看護師だって産休がほしい

派遣社員あっても、産休を取得することは可能です。また、育休(育児休業)も取得可能です(条件がありますが)

妊娠中でも体力的に問題がなく仕事を続けることが出来るのなら、派遣だからといって仕事を辞めないで良いと思います。

産休は法律で認められている(労働基準法 第65条、以下に抜粋引用)権利になります。

(産前産後)
第六十五条  使用者は、六週間(多胎妊娠の場合にあつては、十四週間)以内に出産する予定の女性が休業を請求した場合においては、その者を就業させてはならない。
○2  使用者は、産後八週間を経過しない女性を就業させてはならない。ただし、産後六週間を経過した女性が請求した場合において、その者について医師が支障がないと認めた業務に就かせることは、差し支えない。
○3  使用者は、妊娠中の女性が請求した場合においては、他の軽易な業務に転換させなければならない。

派遣会社に登録をして転職を考え妊娠も希望される方は、産休などしっかりと対応してくれることを条件に入れ、派遣会社を選ぶ基準の一つにされてはいかがでしょうか?

 

◆ 産前産後休業を取得するには?

産休は、パート社員・契約社員・派遣社員でも関係なく取得することができます。

妊娠がわかり出産予定日・産休に入る予定日を、登録している派遣会社に伝えなければなりません(派遣先ではなく、登録している派遣会社です)。

派遣会社によると思いますが、体力的にキツい職場から、比較的軽い職場へ配置転換をしてくれるかもしれません。

実際に産休(産前)を取得するには、出産予定日の6週間前(多胎妊娠の場合は14週間前)から取得することができます。

産後は、出産の翌日から8週間は働けないとなっています。しかし、産後6週間が過ぎ本人が働く意志があり、医師が了解した場合は働くことができます。

でも、産休中に派遣先との契約が切れてしまう場合は働けなくなってしまいます。派遣会社に確認を前もってしておく必要があると思います。

産休に引き続き育休を希望される場合は、取得する条件があります。長期(1年以上)に派遣されている場合に限られると考えられます。

産休・育休を取得するのに派遣社員だからといって諦めることはないと思います。特に産休は、誰でも取得可能なのですから。

まずは、登録している派遣会社に産休を取得したいことをしっかりと伝えることが大切だと思います。

産後も慣れている職場で働けることができれば、仕事と育児の両立が少しでも楽になるのではないでしょうか。積極的に活用できることは活用した方が良いと思います。

子育てをしながら働き続けたい パート社員 派遣社員 契約社員 あなたも取れる!産休&育休

また、厚生労働省が発行されている、左記のパンフレットも参考の1つにされてください。

『子育てをしながら働き続けたい パート社員 派遣 社員 契約社員
あなたも取れる!産休&育休』(紹介ページ)

pdficon16px 全体版はコチラ(PDFファィル)

arararPDFファイルを正常に閲覧するには、左記バナーより最新のAdobe Readerを入手してください。(無料)Adobe Readerは無料で配布されています。

◆ 他、参考ページ 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話し相手サービスの傾聴メンバー(リスニングメンバー)の求人情報はこちら。在宅でできます。

看護師の悩み相談./秘密厳守の話し相手

診療科目の特徴

看護師の求職方法

アーカイブ

当WEBサイトでのPR掲載希望について

看護師の悩み相談./秘密厳守の話し相手

ページ上部へ戻る