看護師による就職・転職と看護技術ガイド
TOP >  看護技術ガイド > 全体共通 > 環境整備

ブログ

環境整備

心を込めて丁寧に、看護師である、または看護師を目指す、あなたのお話、愚痴・お悩みなどを肯定的にお聴きいたします。

1.目的

● 患者が快適に過ごすことが出来るよう病床環境を整える。

 

2.必要物品

粘着ローラー・雑巾(上・下拭き用)・バケツ(上・下用)・ディスポーザブル手袋・マスク・新聞紙・新しいシーツ(必要時)

 

3.援助の実際

1)患者に環境整備を行うことを伝え同意を得る。

2)換気を行うため窓を開ける(冷感に気をつける)。

3)床頭台やオーバーテーブルなどを上雑巾で拭いていく。

● 患者の私物を移動させる場合は了承を得る。終了後、速やかに元の位置に戻す。

● 埃が舞わないように静かに行う。

4)ベッド柵などベッド周囲を拭いていく。

● 点滴や膀胱留置カテーテル・ドレーンなどが插入されている場合は引っ張らないように気をつける。

5)ベッド上の埃やゴミを粘着ローラーで取り除いていく。

● 患者が離床できる場合は他室に移動をしてもらう(もしくはベッド横に座ってもらう)。

● 離床できない場合は患者に側臥位になってもらい片面ずつゴミを取り除いていく。

● シーツに汚染がある場合は新しいシーツと交換する(枕・掛ふとんも同様に行う)。

● シーツのシワをしっかりと伸ばす。

● 点滴や膀胱留置カテーテル・ドレーンなどが插入されている場合は引っ張らないよう気をつける。

● ベッドのストッパーがかかっているか確認する。

● ベッド柵を取り外した場合は必ず元の位置に戻す。

6)ベッド周囲の床が濡れていないか確認する。

● 床にあるコード類が患者の邪魔にならないように整える(転倒を防止するため)。

● 膀胱留置カテーテルの蓄尿バッグ・ドレーンの排液バッグが床に付いていないか確認する。

7)患者が使いやすいように物品を配置する。

● ナースコールや飲み物・ティッシュペーパーなど患者に確認しながら配置する。

8)ポータブルトイレがある場合は臭気に気をつけながら処理をする。

● 汚物をトイレに持っていく場合ふたをして中が見えないようにして運ぶ。ふたがない場合は新聞紙などで覆って運ぶ。

● 排泄物の記録をつけていれば忘れずに記入する。

9)ゴミ箱の中身を処理する。

● ゴミ箱からゴミを取り出して処理する場合は患者に確認をする。

10)終了したことを伝えもう一度患者の私物を確認する。

11)窓を閉める。

● 病室の室温・湿度が適切であるか確認する。

● カーテンなどで採光を調節する。

12)床などが濡れていないか確認をし退出する。

13)使用物品の後片付けを行う。

 

4.観察項目

1)患者の顔色・表情

2)点滴や膀胱留置カテーテル・ドレーンなどが插入されている場合チューブ類に屈曲がないか

3)室温・湿度・採光は適切であるか。臭気の有無。

4)ベッド柵は元の位置に戻してあるか。

5)ベッドのストッパーはかかっているか。

6)床頭台やオーバーテーブル上の物品は元の位置に戻してあるか。

7)床が濡れていないか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話し相手サービスの傾聴メンバー(リスニングメンバー)の求人情報はこちら。在宅でできます。

看護師の求職方法

アーカイブ

当WEBサイトでのPR掲載希望について

看護師の悩み相談./秘密厳守の話し相手

ページ上部へ戻る