看護師による就職・転職と看護技術ガイド
TOP >  看護技術ガイド > 全体共通 > 輸液ポンプ

ブログ

輸液ポンプ

心を込めて丁寧に、看護師である、または看護師を目指す、あなたのお話、愚痴・お悩みなどを肯定的にお聴きいたします。

1.目的

● 機器を使用し輸液・薬剤を正確な量・流量で投与するために行う

 

2.必要物品

輸液ポンプ・薬液・輸液セット・アルコール綿・ディスポーザブル手袋

 

3.援助の実際

● 輸液ポンプには流量制御型と滴数制御型がある。

流量制御型:滴下数ではなく流量を一定にするようコントロールできる(専用の輸液セットが必要である)。

滴数制御型:滴下数をセンサーがカウントし速度をコントロールできる。

1)薬液と輸液セットの準備をする。

2)輸液ポンプの準備をする。

3)患者に輸液ポンプにて薬剤を投与することを伝え同意を得る。

4)輸液ポンプの電源を入れる。

5)輸液ポンプの点検を行う。

6)輸液ルートのチューブをたるまないように溝にそってセットする。

● チューブクランプを開いておく。

7)輸液ポンプの扉を確実に閉じてロックする。

 *滴数制御型の場合点滴ブローブを点滴筒に水平に装着し滴下数を設定する。

8)薬液の流量を医師の指示に従い設定する。

9)予定量をセットする。

10)クレンメを全開にし点滴筒に滴下がないことを確認する。

11)輸液セットを患者の留置されているルートと接続する。

12)開始する前に再度確認をする。

13)輸液ポンプの開始スイッチを押し作動を開始する。

● 正常に作動しているか確認をする。

 

4.観察項目

1)輸液ポンプは正常に作動しているか

2)点滴筒・輸液ルートに気泡がないか

3)輸液ルートの閉塞や屈曲がないか

4)点滴穿刺部の状態(発疹・発赤・腫脹の有無)

5)薬液の残量が合っているか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話し相手サービスの傾聴メンバー(リスニングメンバー)の求人情報はこちら。在宅でできます。

看護師の求職方法

アーカイブ

当WEBサイトでのPR掲載希望について

看護師の悩み相談./秘密厳守の話し相手

ページ上部へ戻る