看護師による就職・転職と看護技術ガイド
TOP >  看護技術ガイド > 全体共通 > 点滴静脈注射

ブログ

点滴静脈注射

心を込めて丁寧に、看護師である、または看護師を目指す、あなたのお話、愚痴・お悩みなどを肯定的にお聴きいたします。

1. 目的

● 薬剤を持続的に注入するために行う。

 

2. 必要物品

留置針・駆血帯・アルコール綿・ディスポーザブル手袋・針を入れる容器・サージカルテープ・ドレッシング材・薬剤(輸液セットと接続し点滴支柱台にかけておく)

*薬剤(点滴パック)に貼っているシールに書かれている患者名が合っているか必ず確認する。

 

3. 援助の実際

1)処方箋のダブルチェックを行い、処方箋と薬剤が合っているか確認する。

2)手洗いを行う。

3)シリンジに薬液を入れておく。

4)患者の確認をする。

  ・フルネームを患者に言ってもらう。

5)ディスポーザブル手袋を装着する。

6)駆血帯を巻く。

  ・穿刺部位より、上部に巻く(下肢の場合も同じ)。

7)穿刺する部位を決める。

  ・点滴は、終了までに時間がかかるので利き腕は避ける。

  ・前腕の静脈(肘正中皮静脈・橈側皮静脈・尺側皮静脈など)に穿刺する。

  ・下肢は、前腕での穿刺ができない場合に行う。

8)穿刺部位をアルコール綿で消毒する。

9)穿刺部位の手前の皮膚を伸ばしながら、穿刺する。

  ・穿刺角度は、10~20度で穿刺する。

10)逆血の有無を確認する。

  *静脈内に穿刺できていれば、逆血がある。

11)駆血帯を外す。

12)留置針の内筒を抜く。

13)輸液セットと接続する。

14)滴下の確認をする。

15)ドレッシング材で穿刺部位を保護する。

16)ループを作ってサージカルテープで固定する。

17)滴下数を調節する。

18)後片付けを行う。

 

4. 観察項目

1)患者の全身状態・副作用の有無

2)滴下数は合っているか

3)穿刺部位に発赤・腫脹・薬剤の漏れがないか

4)ドレッシング材・サージカルテープが剥がれていないか

5)痛み痺れの有無

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話し相手サービスの傾聴メンバー(リスニングメンバー)の求人情報はこちら。在宅でできます。

看護師の悩み相談./秘密厳守の話し相手

診療科目の特徴

ダイジェストメールに無料登録

詳しくはコチラ

看護師の求職方法

アーカイブ

当WEBサイトでのPR掲載希望について

看護師の悩み相談./秘密厳守の話し相手

ページ上部へ戻る