看護師による就職・転職と看護技術ガイド
TOP >  看護技術ガイド > 全体共通 > 胸腔穿刺

ブログ

胸腔穿刺

心を込めて丁寧に、看護師である、または看護師を目指す、あなたのお話、愚痴・お悩みなどを肯定的にお聴きいたします。

1.目的

● 診断をするために胸腔内の貯留液を採取する。

● 胸腔内に貯留した血液・滲出液・空気の排出を行う。

● 胸腔内に薬液を注入する。

 

2.必要物品

穿刺針・局所麻酔薬・注射針(18G・23G 各1本)・シリンジ・消毒薬・セッシ・処置用シーツ・穴あきドレープ・ガーゼ・膿盆・固定用テープ・バンソコウ・滅菌ガウン・滅菌手袋・必要時(排液チューブ・排液容器・三方活栓・延長チューブ・滅菌スピッツ)

 

3.援助の実際

1)患者に胸腔穿刺を行うことを伝え同意を得る。

● 同意書の確認をする。

● 検査データを確認する。

2)必要物品を準備する。

3)患者のバイタルサイン測定を行う。

● 排泄を事前にすませてもらうように伝える。

4)患者の体位を整える。

● 上半身の衣服を脱いでもらう。

● ファウラー位か起座位の体位をとってもらう。

5)必要物品を使いやすいように配置する。

6)胸腔穿刺を行う。

* 胸腔穿刺は無菌操作で行う。

● 胸腔穿刺は医師が行い介助を看護師が行う。

7)穿刺部位の消毒の介助を行う。

8)穿刺部位に穴あきドレープをかける。

9)穿刺部位への局所麻酔の介助を行う。

10)穿刺部位への穿刺の介助を行う。

● 患者に穿刺中は息を止めてもらうように声をかける(咳嗽などもできるだけ止めてもらう)。

● 貯留液などを吸引し必要に応じて排液容器や滅菌スピッツに入れていく。

11)穿刺針の抜去の介助を行う。

● 穿刺部位の消毒を行いガーゼで圧迫する。

● バンソコウで圧迫固定を行う。

12)患者に終了したことを伝え、後片付けを行う。

● 検体を採取した場合は速やかに提出する。

13)患者の体位・衣服を整える。

 

4.観察項目

1)バイタルサイン測定値の変動の有無

2)患者の顔色・表情・全身状態

3)穿刺部位の発赤・発疹の有無

4)患者の呼吸状態

5)胸痛の有無

6)貯留液の性状・検査結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話し相手サービスの傾聴メンバー(リスニングメンバー)の求人情報はこちら。在宅でできます。

看護師の求職方法

アーカイブ

当WEBサイトでのPR掲載希望について

看護師の悩み相談./秘密厳守の話し相手

ページ上部へ戻る