看護師による就職・転職と看護技術ガイド
TOP >  看護技術ガイド > 全体共通 > 経鼻経管栄養法

ブログ

経鼻経管栄養法

心を込めて丁寧に、看護師である、または看護師を目指す、あなたのお話、愚痴・お悩みなどを肯定的にお聴きいたします。

1. 目的・適応

1)経口摂取が困難な場合

2)消化器管に問題がない場合

 

2. 禁忌

1)消化器管に穿孔がある患者

2)消化管の狭窄がある患者

 

3. 合併症

● 誤嚥性肺炎・消化管の潰瘍・チューブ固定部の潰瘍

 

4. 必要物品

経鼻チューブ(8~16Fr)・シリンジ・聴診器・チューブ固定用テープ・ディスポーザブル手袋・ディスポーザブルエプロン・マスク・潤滑剤・点滴支柱台・白湯・イリゲーター・栄養剤・計量カップ

 

5. 実施前

1)経鼻チューブを挿入する目的・挿入法について説明し、同意を得る。

2)患者の体位は、ファウラー位か座位とする。

3)チューブを嚥下しやすくするため頭部を前屈させる。

4)ディスポーザブル手袋を装着する。

5)挿入する長さを測る。

  ・経鼻チューブを袋から取り出す。

  ・経鼻チューブの先端を鼻孔にあて、耳介までチューブを伸ばし計測する。

  ・耳介まで計測した手はそのままで、剣状突起までの長さを測る。

  ・剣状突起までの長さが挿入する長さとなる(約45~60cm)。

 

6. 援助の実際

1)経鼻チューブの先端に潤滑剤をつける。

2)経鼻チューブを鼻孔かゆっくりと挿入する。

  ・鉛筆を持つようにチューブを持つ。

3)チューブを嚥下してもらうよう声をかける。

  ・チューブを嚥下してもらえたら進みやすくなる。

  *気管に挿入しないように注意する。

4)目的の長さまで挿入できたら、チューブの先端が胃内に留置されているか確認する。

  ・患者の鼻孔から出ているチューブの先端をシリンジと接続し、5~10mlの空気をシリンジから入れる。

  ・聴診器を胃部にあて、気泡音が聴診できるか確認する。

  ・また、チューブの先端に接続しているシリンジで胃内容物が吸引できるか確認する。

  ・確認が難しい場合は、レントゲン撮影を行い確認する。

5)鼻孔から出ているチューブを、鼻翼と頬に固定テープでゆとりを持たせながら固定する。

6)挿入した長さを記録する。

 

7. 栄養剤の注入

1)イリゲーターの中に、指示された量を計量カップで計測し栄養剤を入れる。

2)点滴支柱台にイリゲーターをかける。

3)イリゲーターのルートにクレンメを開き栄養剤をルートの先端まで流しておく。

4)患者の体位は、ファウラー位か座位とする。

5)経鼻チューブが抜けていないか確認する。

6)患者の鼻孔から出ているチューブの先端をシリンジと接続し、5~10mlの空気をシリンジから入れる。

7)聴診器を胃部にあて、気泡音が聴診できるか確認する。

8)気泡音が確認できたら、イリゲーターのルートと接続をする。

9)決められた速度で栄養剤の注入を開始する。

10)栄養剤の注入が終了したら、白湯を注入し経鼻チューブ内の栄養剤を全て胃内に注入する。

   ・内服薬があれば、白湯の前に注入する。

11)終了したことを患者に伝える。

   ・終了後、30分以上はファウラー位か座位のままでいてもらう。

   *胃からの逆流を防止するため

12)後片付けを行う。

 

8. 観察項目

1)挿入したチューブの長さ・鼻翼と頬の潰瘍の有無

2)栄養剤の種類・量・注入速度が指示通りか。

3)嘔気・嘔吐の有無

*自己抜去をしないように説明をする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話し相手サービスの傾聴メンバー(リスニングメンバー)の求人情報はこちら。在宅でできます。

看護師の悩み相談./秘密厳守の話し相手

診療科目の特徴

ダイジェストメールに無料登録

詳しくはコチラ

看護師の求職方法

アーカイブ

当WEBサイトでのPR掲載希望について

看護師の悩み相談./秘密厳守の話し相手

ページ上部へ戻る