看護師による就職・転職と看護技術ガイド
TOP >  看護技術ガイド > 全体共通 > 吸引(鼻腔・口腔)

ブログ

吸引(鼻腔・口腔)

心を込めて丁寧に、看護師である、または看護師を目指す、あなたのお話、愚痴・お悩みなどを肯定的にお聴きいたします。

看護技術./吸引について

Ⅰ. 鼻腔吸引

1. 目的・適応

1)自己にて痰の喀出が困難な場合。

2)誤嚥した場合。

 

2. リスク(合併症)

以下のようなリスク(合併症)を引き起こすことがあるため、注意する必要がある。

・粘膜の損傷(出血)・低酸素血症・血圧の変動など。

*鼻腔吸引は侵襲的なため必要に応じて行う。

 

3. 必要物品

吸引器・吸引カテーテル(成人用12~14Fr)・ディスポーザブル手袋・ディスポーザブルエプロン・ゴーグル・マスク・通水用の水(水道水)・聴診器・パルスオキシメーター

 

4. 実施前

1)患者に吸引の必要性を説明し同意を得る。

2)聴診器で痰の貯留部や呼吸音を確認する。

3)自己にて痰の喀出ができないか確認する。

4)ディスポーザブル手袋・ディスポーザブルエプロン・ゴーグル・マスクを着用する。

 

5. 援助の実際

1)吸引器の吸引圧を設定する。

  ・吸引圧は150mmHg以下とする。

  ・吸引チューブの先端部を指で塞ぎ、吸引圧がかかるか確認をする。

2)吸引カテーテルの接続部を袋から出し、吸引チューブと接続する。

3)接続したら、吸引チューブと吸引カテーテルの接続部を指で折り吸引チューブを袋から取り出す。

4)患者に吸引チューブを挿入する旨を再度伝え、左右どちらかの鼻腔より吸引チューブを挿入する。

  ・吸引チューブは鉛筆を持つように持つ。

  ・吸引チューブ接続部を指で折った状態で挿入する。

  ・挿入しづらい場合は、無理に進めず反対の鼻腔から挿入を行う。

  *無理に進めると鼻腔内を傷つけ、出血する恐れがあるため。

5)挿入する長さは15~20cmとし、吸引時間は10秒以内で吸引を行う。

  ・吸引音を確認しながら引き抜いていく。

  ・可能であれば患者に咳嗽をしてもらうと吸引しやすくなる。

6)吸引チューブの先端部を通水させ、吸引管の汚れを流していく。

  ・流れにくければ数回繰り返していく。

7)吸引チューブを片手の手掌に小さくまとめ、吸引カテーテルから取り外す。

8)小さくまとめた吸引チューブをディスポーザブル手袋の中に入るように、裏返しながら手袋を取り外す。

9)感染性廃棄物として廃棄を行う。

10)吸引器のスイッチを切る。

11)吸引カテーテルを所定の位置に戻す。

12)手洗いをする。

13)呼吸音・パルスオキシメーターで状態を確認する。

14)何も問題がなければ、患者に終了したことを伝える。

 

6. 観察項目

1)患者の顔色・表情

2)呼吸音・パルスオキシメーターの測定値

3)痰の性状・量

 

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話し相手サービスの傾聴メンバー(リスニングメンバー)の求人情報はこちら。在宅でできます。

看護師の悩み相談./秘密厳守の話し相手

診療科目の特徴

看護師の求職方法

アーカイブ

当WEBサイトでのPR掲載希望について

看護師の悩み相談./秘密厳守の話し相手

ページ上部へ戻る