看護師による就職・転職と看護技術ガイド
TOP >  看護技術ガイド > 全体共通 > 中心静脈カテーテル法

ブログ

中心静脈カテーテル法

心を込めて丁寧に、看護師である、または看護師を目指す、あなたのお話、愚痴・お悩みなどを肯定的にお聴きいたします。

1.目的

● 高カロリー輸液を行う場合

● 中心静脈圧などの測定を行う場合

 

 

2.必要物品

中心静脈カテーテルセット・処置用シーツ・穴あきドレープ・ガーゼ・消毒液・局所麻酔薬・生理食塩液・縫合セット・滅菌手袋・フィルムドレッシング材・シリンジ・針を破棄する容器・輸液セット・点滴支柱台・バスタオル・固定用テープ

 

 

3.援助の実際

1)患者に中心静脈カテーテル法を行うことを伝え同意を得る。

2)必要物品を準備する。

3)ベッド柵などを外しスペースを確保する。

● 内頸静脈に挿入

1)患者の体位を整える。

● 仰臥位で行う。

● 枕を外しベッドを水平にする。

● 上半身の衣服を脱いでもらい処置用シーツを敷く。

2)医師が穿刺部位を消毒する。

● 必要物品を手早く渡せるように配置しておく。

3)穿刺部位に穴あきドレープが掛けられたら無菌操作で行っていく。

4)医師が局所麻酔を行いカテーテルを挿入していく。

● 血液の逆血が確認されたら患者に息を止めてもらうように声をかける。

● カテーテルを少し挿入したら呼吸を再開してもらう。

5)カテーテルを皮膚に固定する。

● 医師が縫合糸で1~3針皮膚に固定する。

6)穿刺部位を消毒し乾いたらフイルムドレッシング材で固定する。

7)X線撮影を行いカテーテルの挿入位置を確認する。

8)カテーテル挿入に問題がなければ高カロリー輸液を開始する。

9)患者の衣服を整え処置用シーツを外す。

10)終了したことを患者に伝え後片付けを行う。

* 挿入部位:内頸静脈・鎖骨下静脈・大腿静脈など

● 挿入中は患者の状態を観察し状況を患者に説明を行う。

 

 

4.観察項目

1)カテーテル挿入の長さ

2)固定は何針でされているか

3)穿刺部からの出血・腫脹の有無

4)穿刺部周囲の発赤・発疹の有無

5)胸痛・呼吸困難感の有無

6)左右の呼吸音の異常はないか

7)輸液の滴下数は指示通りか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話し相手サービスの傾聴メンバー(リスニングメンバー)の求人情報はこちら。在宅でできます。

看護師の悩み相談./秘密厳守の話し相手

診療科目の特徴

看護師の求職方法

アーカイブ

当WEBサイトでのPR掲載希望について

看護師の悩み相談./秘密厳守の話し相手

ページ上部へ戻る