看護師による就職・転職と看護技術ガイド
TOP >  看護技術ガイド > 全体共通 > 車椅子移送

ブログ

車椅子移送

心を込めて丁寧に、看護師である、または看護師を目指す、あなたのお話、愚痴・お悩みなどを肯定的にお聴きいたします。

1.目的

● 目的の場所まで患者を安全・安楽に移送する。

 

2.必要物品

車椅子・ひざ掛け・クッション

 

3.援助の実際

1)患者に車椅子にて目的の場所まで移送することを説明し同意を得る。

2)患者を車椅子に移乗し声かけをして車椅子を押して動かしていく。

* 肘掛けから肘を外側に出さないように注意する。

* 両足底がフットレストに乗っていることを確認する。

● 段差がある場合

1)段差の前で止まり車椅子の背もたれの下にあるレバーを片足で踏み前輪を浮かせる。

● 患者が後方へ傾くので注意する。

2)前輪が段差を越えたらレバーから足を外し後輪は段差を乗り越える。

● 下り坂の場合

1)下り坂の前で止まり車椅子の向きを変え背面から坂を下って行く。

● 看護者は後ろ向きに進むので注意しながらゆっくりと進めて行く。

● 車椅子の向きを変えず前向きでゆっくりと蛇行しながら下って行く方法もある。

* 患者が前方に転落しないよう注意する。

2)坂を下り終われば車椅子の向きを変え進めて行く。

● エレベーターに乗降する場合

1)エレベーターに乗る時は前向きに入りエレベーター内で方向転換をし扉と向き合う。

● 狭いエレベーターや混んでいるエレベーターでは後ろ向きで乗る。

3)患者が車椅子から転落しないようゆっくりと車椅子を押していく。

 

4.観察項目

1)患者の顔色・表情

2)気分不良の有無

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話し相手サービスの傾聴メンバー(リスニングメンバー)の求人情報はこちら。在宅でできます。

看護師の悩み相談./秘密厳守の話し相手

診療科目の特徴

ダイジェストメールに無料登録

詳しくはコチラ

看護師の求職方法

アーカイブ

当WEBサイトでのPR掲載希望について

看護師の悩み相談./秘密厳守の話し相手

ページ上部へ戻る