看護師による就職・転職と看護技術ガイド
TOP >  看護技術ガイド > 全体共通 > 車椅子移乗

ブログ

車椅子移乗

心を込めて丁寧に、看護師である、または看護師を目指す、あなたのお話、愚痴・お悩みなどを肯定的にお聴きいたします。

1.目的

●  目的の場所まで患者を安全・安楽に移乗・移送する。

 

2.必要物品

車椅子・ひざ掛け・クッション

 

3.援助の実際

* 事前に車椅子の点検を行う。

1)患者に車椅子に移乗すること伝え同意を得る。

2)患者のベッドサイドに車椅子を入れるのでスペースを確保する。

* 看護者は腕時計を外し、胸ポケット内のものを出しておく。

● 片麻痺の場合

1)ベッドサイドに車椅子を患者の健側に置く(20~30度の角度で置く)。

● 車椅子のブレーキをかけておく。

● フットレストを上げておく。

2)患者を端座位にする。

● ベッドの高さは患者の両足底が床につく高さにする。

● ベッドの頭部を挙上すると端座位になりやすい。

3)健側の上肢で車椅子の遠い方の肘掛けを持つ。

● 患者は自然に前傾姿勢となる。

4)健側の上肢で車椅子の肘掛けを持ちながら健側の下肢を軸に身体を回転させ車椅子に近づける。

● 姿勢が不安定な場合は腰部を支え転倒を予防する。

5)健側の下肢を軸にゆっくりと回転させ車椅子に腰をかける。

6)浅く腰をかけた場合は健側を使い深く座るようにする。

● 深く座りにくければ背もたれ側から患者の上肢を引く。

● 全介助の場合

1)ベッドサイドに車椅子を患者の健側に置く(20~30度の角度で置く)。

● 車椅子のブレーキをかけておく。

● フットレストを上げておく。

2)患者を端座位にする。

● ベッドの高さは患者の両足底が床につく高さにする。

● ベッドの頭部を挙上すると端座位になりやすい。

3)患者の両腕を看護者の肩に回してもらう。

4)車椅子側の患者の膝を看護者の両膝で挟む。

5)患者に声をかけタイミングを合わせて立ち上がる。

● 患者が前傾姿勢になるように看護者の方へ引き寄せる。

6)看護者の軸足を動かさにように身体を回転させ車椅子に腰をかけさせる。

7)車椅子の背もたれ側から患者の上肢を引いて深く座らせる。

3)フットレストを下げ患者の両足底をのせる。

4)麻痺側に身体が傾く場合はクッションなどで体位を安定させる。

 

4.観察項目

1)患者の顔色・表情

2)車椅子に移乗した際の損傷の有無

3)気分不良の有無

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話し相手サービスの傾聴メンバー(リスニングメンバー)の求人情報はこちら。在宅でできます。

看護師の悩み相談./秘密厳守の話し相手

診療科目の特徴

看護師の求職方法

アーカイブ

当WEBサイトでのPR掲載希望について

看護師の悩み相談./秘密厳守の話し相手

ページ上部へ戻る