看護師による就職・転職と看護技術ガイド
TOP >  看護技術ガイド > 全体共通 > 移乗・移送

ブログ

移乗・移送

心を込めて丁寧に、看護師である、または看護師を目指す、あなたのお話、愚痴・お悩みなどを肯定的にお聴きいたします。

1.目的

● 目的の場所まで患者を安全・安楽に移乗・移送する。

 

2.必要物品

ストレッチャー・移動用マット・掛け布団・点滴支柱台(必要時)・酸素ボンベ台(必要時)

 

3.援助の実際

1)患者にストレッチャーに移乗し目的の場所まで移送することを説明し同意を得る。

2)患者のベッドサイドにストレッチャーを入れるのでスペースを確保する。

* 看護者は腕時計を外し、胸ポケット内のものを出しておく。

● 移動用マットを使用する場合

1)看護者2人で行う。

1)ストレッチャーはベッドと平行になるように置く(ベッドに横付けする)。

2)ストレッチャーの高さはベッドと水平になるように調節する。

3)ストレッチャー・ベッドのストッパーがかかっているのか確認する。

4)看護者1人はストレッチャーと反対側に移動し患者を看護者側の側臥位にする。

5)もう一人の看護者は移動用マットを患者の身体の下に敷き込む。

6)患者を移動用マットの上に仰臥位とし両腕を腹部の上にのせる。

7)看護者2人は頭部側と足元側に移動し移動用マットをストレッチャー側にスライドさせる。

8)移乗できたらストレッチャーのサイドの柵を上げて転落防止をする。

● 患者を抱える場合

1)看護者2人で行う。

2)ストレッチャーの頭部はベッドの足元になるよう斜めの角度をつけて置く。

3)ストレッチャー・ベッドのストッパーがかかっているのか確認する。

4)看護者はストレッチャーとベッドの間に入り上肢側と下肢側にそれぞれ立つ。

5)患者の両腕を腹部の上にのせる。

6)看護者2人で患者を抱き上げ患者の足元から回転させストレッチャーへ移乗する。

7)下肢側からストレッチャーにゆっくりと降ろしていく。

8)移乗できたらストレッチャーのサイドの柵を上げて転落防止をする。

* 点滴などを実施している時は3人で行うようにする(点滴バッグを持つため)。

3)患者をストレッチャーに移乗し看護者は頭部側と足元側に別れて移送を行う。

4)ストレッチャーは移送しやすいよう高さを調節する。

* 点滴・酸素ボンベを使用している場合は、チューブが絡まないよう点滴バッグ・酸素ボンベが支柱台に固定されているか確認する。

5)平面では患者の足元側を前にして移送する。

● 昇り坂の場合

1)昇り坂がある場合はストレッチャーを回転させ頭部側が前になるように方向転換する。

2)ストレッチャーの頭部側から坂を昇っていく。

3)足元側の看護者は患者の様子を観察しながら昇っていく。

4)平面になればストレッチャーを回転させ足元側から再び移送する。

● 下り坂の場合

1)下り坂がある場合は足元側からゆっくりと進める。

2)スピードが出ないようゆっくりと調節しながら下って行く。

6)段差がある場合はスピードを緩めストレッチャーの車輪を少し持ち上げて段差を越えるようにする。

7)ストレッチャーにかかる振動を最小限になるよう移送する。

8)ストレッチャーの頭部側の看護者は常に患者の状態を確認する。

 

4.観察項目

1)患者の顔色・表情

2)ストレッチャーへ移乗した際、損傷した箇所がないか

3)気分不良の有無

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話し相手サービスの傾聴メンバー(リスニングメンバー)の求人情報はこちら。在宅でできます。

看護師の求職方法

アーカイブ

当WEBサイトでのPR掲載希望について

看護師の悩み相談./秘密厳守の話し相手

ページ上部へ戻る