看護師による就職・転職と看護技術ガイド
TOP >  看護技術ガイド > 全体共通 > 体位変換

ブログ

体位変換

心を込めて丁寧に、看護師である、または看護師を目指す、あなたのお話、愚痴・お悩みなどを肯定的にお聴きいたします。

1.目的

● 同一部位の圧迫を予防する。

● 間接の拘縮・変形を予防し安楽な体位とする。

 

2.必要物品

クッション・バスタオルなど

 

3.援助の実際

1)患者に体位変換することを伝え同意を得る。

2)看護師は腕時計や胸元のポケットに入っているものを外しておく。

3)作業しやすいようにベッドの高さを調節する。

4)ベッド周囲やベッド上を片付け、ベッド柵を外し作業しやすいように整える。

● 膀胱留置カテーテルやドレーンが挿入している場合、引っ張らないよう整えておく。

<仰臥位から側臥位>

1)看護師は患者を向ける側に立つ。

2)枕をずらし、患者の顔を向ける側に向ける。

3)患者の腕を前胸部で組ませる。

● 向ける側の腕が下になるように組ませる。

4)患者の両膝を立てる。

5)立てた両膝を向ける側に倒す。

● 看護師は患者の肩と膝を支えながら倒す(トルクの原理)。

6)患者の背部側に移動して臀部を少し引いて体位を安定させる。

● 背部や膝下にクッションなどを入れ体位を整える。

<側臥位から仰臥位>

1)看護師は患者が側臥位で向いている方に立つ。

2)患者の枕をベッドの中央に移動させる。

3)背部や膝下にクッションが入れてある場合、取り外しておく。

4)側臥位で上になっている肩と膝をゆっくりとベッドに倒していく。

5)ベッドの中央で仰臥位になるように、患者の身体を真っ直ぐに整える。

<仰臥位から端座位>

1)ベッドの高さは患者の両足底が床につく高さにする。

2)看護師は患者を端座位にする方向に立つ。

3)看護師と反対の前腕を胸部の上に置く。

4)看護師側の上肢は手掌がベッド側に向くように置く。

5)看護師の上肢を患者の頸部の下から入れ反対側の肩を支えるように浮かせる。

6)看護師の反対の上肢を患者の両膝窩に入れる。

7)手掌がベッドについている側の肘関節を少し押さえ、両膝窩を支えながら臀部を起点として弧を描くように上半身を起こし端座位とする。

● 患者に端座位になる反対側の手で端座位に側のベッド柵を持ってもらってもよい。

8)患者の両足底が床についているか確認する。

* 皮膚の損傷を防ぐため摩擦を少なくするようにする。

 

4.観察項目

1)患者の顔色・表情

2)気分不良の有無

3)体位は安定しているか

4)圧迫されている箇所はないか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話し相手サービスの傾聴メンバー(リスニングメンバー)の求人情報はこちら。在宅でできます。

看護師の悩み相談./秘密厳守の話し相手

診療科目の特徴

ダイジェストメールに無料登録

詳しくはコチラ

看護師の求職方法

アーカイブ

当WEBサイトでのPR掲載希望について

看護師の悩み相談./秘密厳守の話し相手

ページ上部へ戻る