看護師による就職・転職と看護技術ガイド
TOP >  看護技術ガイド > 全体共通 > 陰部洗浄

ブログ

陰部洗浄

心を込めて丁寧に、看護師である、または看護師を目指す、あなたのお話、愚痴・お悩みなどを肯定的にお聴きいたします。

1.目的

● 陰部を清潔にし尿路感染を予防する。

 

2.必要物品

洗浄ボトル(2本くらい)・ピッチャ-(湯せん用)・石けん・陰部用タオル・ガーゼ・バスタオル(2枚くらい)・防水シーツ・下着・ディスポーザブル手袋・タオルケット

 

3.援助の実際

1)患者に陰部洗浄を行うことを伝え、同意を得る。

2)必要物品を準備する。

● 掛け布団をタオルケットと交換する。

● 寝衣・下着を外しバスタオルを掛けておく。

● 臀部の下に、防水シーツ・バスタオルを敷く。

3)患者に声をかけ両膝を立ててもらい便器を臀部の下に挿入する。

● 膝を立てることができない場合は側臥位で便器を挿入する。

4)ディスポーザブル手袋を装着し陰部洗浄を行う。

● 洗浄ボトルの湯温を患者に確認する(湯温は38~40℃くらい)。

● 湯をかけ汚れを流していく。

● ガーゼに泡立てた石けんをつけ陰部を洗浄していく。

男性:手で陰茎を支え陰嚢の裏、亀頭部など洗浄していく。

女性:陰唇を開いて上から洗浄していく。

5)陰部に石けんが残らないようしっかり湯をかけ洗い流しておく。

6)洗浄後は陰部用タオルで水分を拭き取る。

7)患者に声をかけ両膝を立ててもらい便器を臀部の下から便器を外す。

8)陰部・臀部が濡れていないか確認する。

9)臀部の下の防水シーツ・バスタオルを外す。

10)下着をつけ寝衣を整える。

11)タオルケットを掛け布団に交換する。

12)後片付けを行う。

 

4.観察項目

1)患者の顔色・表情

2)陰部・臀部の発赤・発疹の有無

3)汚染の程度

4)不快感の有無

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話し相手サービスの傾聴メンバー(リスニングメンバー)の求人情報はこちら。在宅でできます。

看護師の悩み相談./秘密厳守の話し相手

診療科目の特徴

看護師の求職方法

アーカイブ

当WEBサイトでのPR掲載希望について

看護師の悩み相談./秘密厳守の話し相手

ページ上部へ戻る