看護師による就職・転職と看護技術ガイド
TOP >  看護技術ガイド > 全体共通 > 食事援助

ブログ

食事援助

心を込めて丁寧に、看護師である、または看護師を目指す、あなたのお話、愚痴・お悩みなどを肯定的にお聴きいたします。

1.目的

● 食事動作が自力では困難な患者に対して安全・安楽に食事を経口摂取出来るように援助する。

 

2.必要物品

食膳・エプロン・スプーン(フォーク)・箸・コップ(吸い飲み)・ストロー・オシボリ・ティッシュペーパー・義歯(必要時)・クッション

 

3.援助の実際

1)食事の時間であることを伝え準備をする。

● 排泄の有無を確認する。

● 義歯があれば装着する。

2)必要物品を用意し環境を整える。

● ポータブルトイレなどがあれば移動させる。

● オーバーテーブル・床頭台の上を整理し食膳が置けるようにする。

3)患者の体位を整える。

● 患者を仰臥位にしベッドを挙上させる(膝窩にクッションを入れ姿勢を安定させる)。

● 嚥下しやすいように頸部を枕で前屈になるように調整する。

● エプロンを当てる。

4)食膳の内容を患者に伝え食事援助を開始する。

● ストローや吸い飲みを使用し口角から水分を摂取してもらう(口腔内を湿らせる)。

● むせがないことを確認し食事援助をしていく。

● 一口ずつ嚥下を確認し口腔内に食物が残っていないか確認をする。

● 患者とコミュニケーションを図りながら、患者のペースに合わせて援助を行う。

* むせがある場合はとろみ調整食品を利用し嚥下しやすいようにする。

* 麻痺がある場合は健側から食事援助をする。

5)食事終了後、下膳をし患者の体位を整える。

● エプロンを外し布団などへの汚染の有無を確認する。

● 口周囲をオシボリやテーブルなどで拭く(義歯は取り外し洗浄をする)。

● ベッドを少し挙上させ消化管からの逆流を防止する。

6)環境を整える。

● ポータブルトイレなど決められた位置に戻す。

● オーバーテーブル・床頭台を食事前の状態に戻す。

4.観察項目

1)食事摂取量・水分摂取量

2)むせの有無

3)満足度(食欲の有無)

4)疲労感の有無

5)嘔気・嘔吐の有無・腹痛の有無

6)食事時間

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話し相手サービスの傾聴メンバー(リスニングメンバー)の求人情報はこちら。在宅でできます。

看護師の悩み相談./秘密厳守の話し相手

診療科目の特徴

看護師の求職方法

アーカイブ

当WEBサイトでのPR掲載希望について

看護師の悩み相談./秘密厳守の話し相手

ページ上部へ戻る