看護師による就職・転職と看護技術ガイド
TOP >  看護技術ガイド > 全体共通 > 吸入(超音波ネブライザー)

ブログ

吸入(超音波ネブライザー)

心を込めて丁寧に、看護師である、または看護師を目指す、あなたのお話、愚痴・お悩みなどを肯定的にお聴きいたします。

1.目的

● 気管内を加湿し痰の喀出を促す

● 気管内の清浄化をはかる

 

2.必要物品

超音波ネブライザー・蛇腹ホース・マスク(マウスピース)・滅菌蒸留水・薬液・バスタオル(フェイスタオル)・ガーグルベースン・ティッシュペーパー

 

3.援助の実際

1)超音波ネブライザーの準備をする。

● 作用水槽に滅菌蒸留水を表示されている水位まで入れる。

● 薬剤槽に薬液を入れる。

● 蛇腹ホース・マスク(マウスピース)をセットし作動の確認をする。

2)患者に吸入を行うことを伝え、同意を得る。

3)患者の体位を整える。

● 座位かファウラー位をとる(上半身を挙上させる)。

4)患者の衣服が濡れないよう上半身にバスタオル(フェイスタオル)を掛ける。

5)吸入を開始する。

● マスク(マウスピース)を装着する。

6)吸入中の呼吸法を説明する。

● 深くゆっくりと吸い込み、息を少し止めてからゆっくりと息を吐く。

● 口腔内に貯留した唾液は嚥下せず出してもらう(副作用を防ぐため)。

7)超音波ネブライザーのタイマーをセットする。

8)タイマー終了後、患者に終了したことを伝え含嗽を促す。

9)痰を喀出しやすいようにティッシュペーパーを用意する。

10)患者の衣服・体位を整える。

11)超音波ネブライザーの後片付けを行う。

 

4.観察項目

1)呼吸状態(呼吸困難感などの有無)

2)顔色・表情

3)副作用の有無

4)喀痰の性状

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話し相手サービスの傾聴メンバー(リスニングメンバー)の求人情報はこちら。在宅でできます。

看護師の悩み相談./秘密厳守の話し相手

診療科目の特徴

ダイジェストメールに無料登録

詳しくはコチラ

看護師の求職方法

アーカイブ

当WEBサイトでのPR掲載希望について

看護師の悩み相談./秘密厳守の話し相手

ページ上部へ戻る