看護師による就職・転職と看護技術ガイド
TOP >  看護技術ガイド > 全体共通 > 足浴

ブログ

足浴

心を込めて丁寧に、看護師である、または看護師を目指す、あなたのお話、愚痴・お悩みなどを肯定的にお聴きいたします。

1.目的

● 足部を清潔に保つ

● 爽快感・リラクセーション効果を得ることができる

● 温感刺激による血液循環の促進

 

2.必要物品

ベースン・清潔バケツ(湯:38~42℃)・汚水用バケツ・ピッチャ-2個(湯汲み用・水)・バスタオル・防水シーツ・石けん(沐浴剤)・新聞紙・水温計・クッション・ガーゼ・ディスポーザブル手袋・ワゴン・タオルケット・爪切り(必要時)

 

3.援助の実際

1)患者に足浴を行うことを伝え、同意を得る。

2)ベッドサイドに必要物品を準備する。

3)患者の体位を整える。

<ベッド上>

● 患者の体位は仰臥位にする。

● 掛け布団をタオルケットに交換する。

● 下肢(膝窩)にクッションを入れ安定させる。

● 下肢のの下に防水シーツ・バスタオルを敷く。

<車いす・座位>

● 患者を車いす・イスに座ってもらう。

● 足底が床につくように調整する。

● 床に新聞紙・防水シーツ・バスタオルを敷きその上に足底を置く。

4)ベースンに湯を入れる(患者の足部が浸かる量)。

5)患者の踵部を支えながらベースンの湯をかけ湯温を確認する(ディスポーザブル手袋を装着)。

● 熱ければピッチャーの水で調整する。

6)患者の踵部を支えながらゆっくりとベースンに足を入れる。

7)指の間・踵は汚れやすいので、ガーゼに石けんをつけしっかりと洗浄する。

● 沐浴剤を湯に入れ石けんで洗浄しない場合もある。

8)ベースン内の汚水を汚水バケツに廃棄し湯を交換する。

● 湯から足部を出すと冷感があるので、バスタオルで足部を包んでおく。

9)湯を入れ替えたベースンに患者の足部を支えながらゆっくりと入れる。

10)石けんが残らないようにしっかりと洗浄する。

11)洗浄を終えたら足部を支えながらベースンから出し、バスタオルで水分を拭き取る。

● 爪が伸びていたら爪切りで切る。

12)後片付けを行う。

 

4.観察項目

1)患者の顔色・表情

2)足部の汚れの有無

3)爪の状態

4)足部の状態(発赤・発疹の有無)

5)爽快感の有無

6)倦怠感の有無

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話し相手サービスの傾聴メンバー(リスニングメンバー)の求人情報はこちら。在宅でできます。

看護師の求職方法

アーカイブ

当WEBサイトでのPR掲載希望について

看護師の悩み相談./秘密厳守の話し相手

ページ上部へ戻る