看護師による就職・転職と看護技術ガイド
TOP >  看護技術ガイド > 全体共通 > 全身清拭

ブログ

全身清拭

心を込めて丁寧に、看護師である、または看護師を目指す、あなたのお話、愚痴・お悩みなどを肯定的にお聴きいたします。

1. 目的

1)医師より入浴の許可が出ていない患者に行う。

2)皮膚を清潔にすることにより感染を予防する。

 

2. 必要物品

清潔用バケツ(60℃以上の湯を入れる)・汚水用バケツ・ベースン・ピッチャー2個(水を入れたもの・湯汲用)・水温計・清拭剤(石けん)・ウォッシュクロス・フェイスタオル・陰部用タオル・バスタオル・タオルケット・防水シート・着替えの衣類・新聞紙・ディスポーザブル手袋

 

3.援助の実際

1)患者に全身清拭を行うことを伝え同意を得る。

2)ベッド周囲を整え清拭を行うスペースを作り、物品を使いやすいように配置する。

3)ベッド上で清拭を行う場合は防水シートを患者の下に敷く。

  ・座位が可能であれば、ベッドサイドに椅子を用意し座って行う。

4)患者の掛け布団をタオルケットに交換する。

  ・室温の確認をしておく。

5)ベースンに清潔用バケツよりピッチャーで湯を入れ、水温計で確認しながら湯温を調節する。

  ・ベースン内の湯温は55℃くらいにする。

6)清拭を行う。

  ・ベースンにウォッシュクロスかフェイスタオルを入れ固く絞る。

  ・タオルの熱さを前腕内側で確認する。

7)顔・頸部の清拭を行う。

  ・目の周囲から清拭をする(目頭から目尻に向かって拭く)。

  ・顔全体、耳介、頸部の清拭をする。

8)上肢の清拭を行う。

  ・露出は最小限で行う。

  ・患者の関節を支え、末梢から中枢に向かって清拭をする。

  ・腋窩など皮膚が重なっている箇所はしっかりと拭く。

9)胸部・腹部の清拭を行う。

10)下肢の清拭を行う。

  ・患者の関節を支え、末梢から中枢に向かって清拭をする。

*1)~10)の工程を患者自身に行ってもらう場合は、絞ったタオルを手渡し拭いてもらう。

11)背部の清拭を行う。

  ・ベッド上で行う場合は側臥位になってもらう。

*陰部の清拭を行う場合は、陰部用タオルで羞耻心に配慮して行う。

*患者自身でできる場合は、タオルを手渡し少しだけその場から離れる。

12)新しい衣類に更衣する。

13)ベッド周囲を整える。

  ・床に落ちた水はしっかりと拭いておく。

14)終了したことを伝える。

15)後片付けを行う。

 

4. 観察項目

1)発赤・発疹の有無(特に背部など)

2)疲労度の有無

3)気分不良の有無

4)皮膚が清潔になっているか(汚れは取り除けているか)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話し相手サービスの傾聴メンバー(リスニングメンバー)の求人情報はこちら。在宅でできます。

看護師の悩み相談./秘密厳守の話し相手

診療科目の特徴

ダイジェストメールに無料登録

詳しくはコチラ

看護師の求職方法

アーカイブ

当WEBサイトでのPR掲載希望について

看護師の悩み相談./秘密厳守の話し相手

ページ上部へ戻る