看護師による就職・転職と看護技術ガイド
TOP >  看護技術ガイド > 全体共通 > 酸素療法(中央配管方法・酸素ボンベ)

ブログ

酸素療法(中央配管方法・酸素ボンベ)

心を込めて丁寧に、看護師である、または看護師を目指す、あなたのお話、愚痴・お悩みなどを肯定的にお聴きいたします。

Ⅰ 目的

● 酸素を吸入させることにより、組織に酸素を供給し低酸素症を改善させる。

 

Ⅱ 方法

1. 中央配管方法

● 病院などの壁に取り付けられたアウトレットから酸素供給する。

 1)必要物品

  鼻カニューレ(酸素マスク)・酸素流量計・加湿器(流量によって)・滅菌水

 2)援助の実際

  1. 患者に酸素療法を行うことを伝え、同意を得る。

  2. 酸素流量計を壁のアウトレットに取り付ける。

   ・酸素流量により滅菌水を入れた加湿器を取り付ける。

  3. 鼻カニューレ(酸素マスク)を接続する。

  4. 酸素を医師の指示どおりの流量に合わせ、酸素が出ているか確認する。

  5. 患者に鼻カニューレ(酸素マスク)を装着する。

   ・鼻カニューレの場合は鼻呼吸をしてもらう。

   

2. 酸素ボンベ

● 病室から移動する時や中央配管がない場合に酸素ボンベより酸素供給を行う。

 *引火しやすいので火の取り扱いに注意する。

 1)必要物品

  酸素ボンベ・鼻カニューレ(酸素マスク)・圧力計が付いている酸素流量計・スパナ・スタンド

 2)援助の実際

  1. 患者に酸素療法を行うことを伝え、同意を得る。

  2. スパナを使って酸素流量計を酸素ボンベに取り付ける。

  3. 酸素ボンベのネジをゆっくりと全開に開け、圧力計で酸素の残量・酸素が出ているか確認する。

  4. 酸素を医師の指示どおりの流量に合わせる。

  5. 鼻カニューレ(酸素マスク)を酸素ボンベに接続する。

  6. 患者に鼻カニューレ(酸素マスク)を装着する。

  7. 移動しやすいように、酸素ボンベをスタンドに立てる。

 

Ⅲ 観察項目

1. 中央配管方法

1)酸素流量が医師の指示どおりか

2)酸素療法の副作用の有無(C O2ナルコーシスなど)

3)鼻カニューレ(酸素マスク)が正しく装着できているか

4)鼻カニューレ(酸素マスク)と皮膚の接着面に発赤などがないか

5)患者の呼吸状態に異常はないか

2. 酸素ボンベ  

1)酸素流量が医師の指示どおりか

2)酸素療法の副作用の有無(C O2ナルコーシスなど)

3)鼻カニューレ(酸素マスク)が正しく装着できているか

4)鼻カニューレ(酸素マスク)と皮膚の接着面に発赤などがないか

5)患者の呼吸状態に異常はないか

6)酸素ボンベの残量は充分にあるのか

7)鼻カニューレ(酸素マスク)と酸素ボンベの接続に緩みがないか

8)酸素ボンベの近くで火の取り扱いはしていないか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話し相手サービスの傾聴メンバー(リスニングメンバー)の求人情報はこちら。在宅でできます。

看護師の悩み相談./秘密厳守の話し相手

診療科目の特徴

ダイジェストメールに無料登録

詳しくはコチラ

看護師の求職方法

アーカイブ

当WEBサイトでのPR掲載希望について

看護師の悩み相談./秘密厳守の話し相手

ページ上部へ戻る