看護師による就職・転職と看護技術ガイド
TOP >  看護技術ガイド > 外科 > フィジカルアセスメント(乳房・腋窩)

ブログ

フィジカルアセスメント(乳房・腋窩)

心を込めて丁寧に、看護師である、または看護師を目指す、あなたのお話、愚痴・お悩みなどを肯定的にお聴きいたします。

1.目的

● 乳がんの早期発見、早期治療に繋げるため

 

2.援助の実際

1.乳房・腋窩の触診を行う。

● 乳房の触診

1)患者の体位は仰臥位で行う。

2)腕は頭側に上げてもらう。

3)バスタオルなどを利用して胸が広がるように平たくする。

4)第2指・第3指・第4指の指腹を乳房に当て円を描くように触診を行う。

* 上外側領域は乳がんの好発部位のためしっかりと触診を行う。

5)乳頭・乳輪をつまみ分泌物がないか確認する。

 

● 腋窩の触診

1)患者の横に立ち利き手と反対の手で患者の上腕を持つ。

2)利き手の第2指・第3指・第4指の指腹を腋窩に当て触診を行う。

3)中心腋窩リンパ節から後腋窩リンパ節→前腋窩リンパ節→外側腋窩リンパ節を触診する。

 

2.乳房の視診を行う。

1)患者の腕を下げた状態で左右の乳房の対称性を比べていく。

* 乳房は左右対称ではないので普段かの観察が必要である。

2)患者の両腕を頭の上まで上げてもらう。

● 皮膚の陥没(ひきつれ・えくぼ)がないか確認する。

 

3.自覚症状の確認をする。

1)乳房にしこりがないか(あれば、いつから・大きさ・硬さなど)。

2)月経周期との関連性。

3)乳房の皮膚の状態(発赤や皮膚感)

4)疼痛の有無

5)乳頭部からの分泌物の有無(あれば、性状・量・臭いなど)

6)腋窩の腫脹やしこりの有無。

* 自己検診法を伝え早期発見に繋げる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話し相手サービスの傾聴メンバー(リスニングメンバー)の求人情報はこちら。在宅でできます。

看護師の悩み相談./秘密厳守の話し相手

診療科目の特徴

ダイジェストメールに無料登録

詳しくはコチラ

看護師の求職方法

アーカイブ

当WEBサイトでのPR掲載希望について

看護師の悩み相談./秘密厳守の話し相手

ページ上部へ戻る